2011年、香港。<お宅訪問>

朋友Annaさんは、私が香港を訪れるたび『なにか光子さんが面白がるようなこと、普通ではなかな
かできないことを体験させてあげよう』と考えてくれます。(以前、清明節の墓参りに連れて行って
くれたこともある!)
今回は「香港人の家の中を見たいですか?」という提案。そりゃあ、見たいですとも。勝手に覗くこ
とはできないだけに、どんな暮らしをしているのか興味津々です。そうしたら、かなり夜遅い時間で
はありましたが、Annaさんの幼なじみの家と、そのご両親が暮らす家とに連れて行ってくれました。

Annaさんのお友達一家は海外旅行中。ご両親が留守番をしていらしたのでした。
高層マンションの中、広さは日本人(都市近郊に住む人)の環境と似たような感じでしょうか。で
も、多分いいマンションじゃないかしら。違うのは、驚くほど、雑貨などの物がない。スッキリして
います。それは、たまたま「物に囲まれて過ごすタイプではない、スッキリ派」だから、突然の珍客
の訪問をOKしてくださったのか、他の香港人の多くも物を持たない暮らしをしているのか?
香港で暮らしていたかた、香港人のお友達の家に遊びに行ったことのあるかた、いかがでした...?

f0063645_18484490.jpg←Annaさん(右)と、幼なじみの友だちのお母さん。
娘さん一家の住まいから、お母さんたちご夫婦の暮らすマンション
へ移動しているところです。
このお母さんの人懐こくて明るいお人柄に感謝。夜遅い時間だとい
うのに、動きもキビキビと軽く、スキップしそうな足取りでした。
「朝もスイミングをしてきたのよ」ですって...私なんかフラフラだ
ったのに。

f0063645_1849339.jpg
ここがそのマンション〜。

大きな敷地に何棟も、このような建物群が広がる。

比較的新しい開発のようです。
大規模な児童公園(地面はクッションが効いていて、
屋外だけど裸足で遊べる。転んでも痛くないというこ
とね。でも泥んこは...できないか。)

f0063645_18491653.jpg
さまざまな年代の人が集ってのんびり過ごせる
緑地の公園。水辺にベンチがたくさんある...等
々。全て人工ですが、規模が大きくて心地よさ
は抜群といった造りでした。

そういえばこちらでは、あまり「中途半端」と
いうことはないような。やるなら思い切りよく
やる、という印象。良い面も、そうではない面
も。

昔あつらえたという旗袍や中国服を見せてくださった。なにより、このご一家の過ごしてきたこれま
での道のりというものに、とても興味を覚えました。
バリッとのびた背筋、しっかりとした声のお父さんは、元・新聞社を経営していらしたとか。(ここ
で「花様年華」を思い出す...。)ご長男は警察にお勤め(かなりかっこいい警察官姿の写真を拝見....
再び妄想は香港映画の世界へ...。)

f0063645_18494479.jpg

それにしても、Annaさんは、自分も話すし、私の通訳もしなければならないしで大忙しでした。毎
度のことですけれど。唔該晒呀〜♪♪


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-08-09 18:52 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)
<< 2011年、香港。<鏞記酒家/中環> 2011年、香港。<ちょっと番... >>