2011年、香港。<北角總站のトラム120號(その1)>

ここは北角(North Point)行きのトラムの終点、北角總站/North Point Terminus。トラムは香港島に
しか走っていない、路面電車。走り出すときの、グ、グ、グィイイイイ〜〜ンという音。走っている最
中もガタンガタン♪時折Ding ding♪と音を鳴らし、カーブを曲がるときは車体のきしむ音。安い運賃、
街の風景の真ん中を走るのもいい。ううう、たまらない魅力です〜。(ちなみにこのエンジンは、
り掛け駆動方式
といって古典的でシンプルな構造のエンジン。)

f0063645_3272544.jpg



このカーブと路面に書かれた文字がたまりません。

いつまでも眺めていたい。

f0063645_3282129.jpg
さっき春秧街を抜けていったトラムです
ね。

またこの文字の字体が震えるほどいいじ
ゃありませんか♡

f0063645_3283814.jpg
トラムの向こうに見える電飾の看板は質
屋の印。私はこの、香港の質屋のマーク
も好き。(質屋通いが好きというのでは
なくて...)香港一帯、質屋はこの形の看
板を掲げています。

f0063645_3285757.jpg

...と、ふと見るとこれは
120號車では
ありませんかっ!!

きゃ〜〜大変!飛び乗っ
てしまいたい!

...と云いますのも、120號電車というのは現役の中で元も古い車両なんです。1949年から走っており
唯一残っている戦後型電車です。窓枠はご覧の通り木製。籐の椅子ですよ、皆さま。室内灯も白熱電
球でぼうっと温かな光です。滅多にお目にかかることができません。
ですから、この120號を見かけたら、是非乗ってしまわれることをお薦めいたします!真剣に。

f0063645_3292249.jpg

←※この画像は、
クリックすると拡
大表示されます。

広告もね、いいでしょう〜?他の新しめの車両には、今風のラッピングが施されていますが、120號
には、ちゃぁんとお似合いの伝統的な香港の薬の広告が貼られているのです。香港電車有限公司もわ
かっていらっしゃる。

●香港電車有限公司のサイト:http://www.hktramways.com(音が出ます)
●香港旅遊發展局のサイト:「叮叮」香港電車地圖/路面電車之旅 軆驗香港文化(音が出ます)
●写真家・永田幸子さんのサイト:Photo Gallery→「路面電車香港風貌」をクリック→タイトルの赤い
文字のすぐ下にある矢印をクリックすると、スライドショーが始まります。素敵ですよ〜
●kmb_68x_buswayさんのサイト/68X巴士總站:香港トラム写真館
●英語と広東語で書かれているサイト:Trams of Hong Kong 香港電車
(追記)大事なサイトを書き落としていました。
●HKPTA 香港巴氏鐵路旅遊協會(日本語です)→トラムのページはこちら

つづく!

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-08-05 02:56 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by Saori_Ishimaru at 2011-08-17 20:01
先日初めてトラムを端から端まで乗ってみました(ハッピーバレーなどの横道は抜かして)。灣仔からノースポイントの先まで行って、戻って上環のずっと先まで行ったため、4、5時間かかってしまいましたが、チンチンという音が気持ちよく、それにそれぞれの街並を覗けるけて、一度はやってみてもいいなと思いました。おすすめです。
Commented by kadoorie-ave at 2011-08-18 12:36
>Saori_Ishimaruさま
トラムはかなり揺れるし振り回されるのですけれど、それも心地よかったりする...あの楽しさ、気持ちよさは何でしょうね。人の暮らしの中を(二階からだと)俯瞰しながら駆け抜けるようなかんじもあります。これまで、用事で堅尼地城〜上環/上環〜筲箕湾/上環〜跑馬地、どれも乗ったことはあるのですが、一気に端から端まで乗ったことはないです〜〜素敵!一度やってみたいなあ。
<< 2011年、香港。<北角總站の... 2011年、香港。<北角/春秧... >>