お知らせ その2<どつぼ列車第5段「しらさぎ2号」/第6弾「メモリアルしおかぜ」>

あの四国のどつぼさん(坪内政美さん)から、お知らせがきました。企画が二つも相次いで実施され
るとのこと。またしても、命知らずな日程(どつぼさんにとって)だなぁと呆れつつも、内容充実の
企画ですので私からもお知らせします。

まずは。えらく長いタイトルですが...

f0063645_0391237.jpgがんばれ東北!応援大貸切列車
どつぼ列車×株式会社片上鉄道/会津鉄道株式会社
 =「しらさぎ2号」


f0063645_1115893.jpg<以下、どつぼさんのチラシから転載します。>
東北地方大震災に遭遇
私たちは飼い猫の『駅長猫コトラ』とともに、津軽鉄道での
イベントへ参加するため、青森県へ行く途中、山形県旧日中
線熱塩駅にて地震に遭遇しました。無我夢中でその日から3日
かけて広島まで戻りましたが、何もせず、自分たちだけ逃げ
て帰ってきた、という思いが、私たちから離れませんでした。

動物駅長つながりで交流のある会津鉄道さんから、コトラに来てほしい、と呼ばれていった際、『観
光で会津を訪れる人は皆無であり、風評被害は払しょくできていない』との会津鉄道社長の言葉を聞
き、私たちができることは何か?と、自問自答しました。

鉄道ファンができること
鉄道にかかわり、鉄道が大好きな私たちに何ができるか?を考えました。義援金を募るよりも、早
く、直接売り上げにつながってほしい。鉄道会社さんや、周りの観光業の方に、直接気持ちが届く方
法はないか?と考え、鉄道を利用し、周辺の地域のお店を利用することが、地域の方へ、微力ながら
できること、だと考えました。そこで、会津鉄道さんにお願いし、この度、貸切列車を走らせること
となりました。
株式会社片上鉄道ホームページより

●日時:2011年8月20日(土)〜21日(日)
変更になりました。9月23日、24日です!/参加定員 100名
●参加費用:15,000円←貸切列車の運賃・指定料金、特製弁当一食、記念品数点、宿泊費
 (一泊一食付き)、諸経費を含む。
●会津鉄道株式会社 

●会津田島〜芦ノ牧温泉(予定)

詳細は株式会社片上鉄道のサイトへがんばろう東北!-旅行の詳細-

f0063645_1101339.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次のは四国でのイベント。

f0063645_1344159.jpg四国名物 どつぼ列車第6弾 初の予讃線発車!
「メモリアルしおかぜ」


●日時:2011年9月18日
●高松〜伊予西条(予讃線特別ダイヤ)
●参加定員:60名 
●参加費用:12000円(予定)

■往路  高松9月18日日曜日8時ごろ出発。★多度津でも乗車できます。
・随所でバカ停実施※バカ停・・・バカ長い停車のこと。
・途中フォトランバイ実施予定。ボンネットバス出動か?
・高松駅弁料理長の腕の見せどころ、名物特製駅弁登場!
・臨時駅「津島ノ宮」駅徐行運転(ほんとは止まりたい・・)
・愛媛県内なつかしの車販同乗!車販お姉さんの放送を聞き逃すな!
・謎のおおぼけ物産展車内で開催か?
・鉄道文化館入場大見学会  ・記念スタンプ登場
・ボンネットバスでいく水の都めぐり
・伊予西条駅長公認?しおかぜ号留置大撮影会
■復路  ・またもやフォトランバイ実施予定。ボンネットバス出動か?
・途中駅から香川名物乗車予定
・記念品即売  ・歴代どつぼ列車スタンプ大集合
・噛み噛み主催者あいさつ  19時30分ごろ高松着上の名前で検索するとでてきます。
その他懲りずにサプライズ思案中!

ご注意
●フォトランバイ(先回り撮影)にかかる費用(他の列車を利用を含む)は、自己負担でお願いしま
す。
●また、タクシー利用については自らで手配してください。
●今回の沿線道路は大変混み合います。場合によっては列車に追いつかないことがあります。
●乗り遅れについては責任を負いかねます。
●都合により編成・ダイヤ・内容は急遽変更になることがあります。
●お座席は基本自由席とします。ご希望に添えないことがあります。

申し込みは dotsubo7@gmail.com(左記のアドレスの全角@を、半角の@に換えてメールをお送り
ください。)
締め切りは2011年9月10日です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<補足>どつぼ列車 オリジナルのチラシはこちら
お知らせ 補足<どつぼ列車第5弾「しらさぎ2号」/第6弾「メモリアルしおかぜ」チラシはこ
れだ!> 


[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-28 00:18 | イラスト付き | Comments(0)
<< お知らせ その3<ミニ個展> お知らせ その1<新刊「香港○... >>