2011年、香港。<坪洲島へ行こう 7>


f0063645_16535789.jpg

前回の石造りの家をご紹介して思い出しました。
船から下りて、天后廟までの露坪街。この露坪街にも、石造りの建物はあって、こちらは百年ほど
経っているのだとか。香港三級歴史建築に指定されています。
坪洲石屋/TRADITIONAL GRANITE HOUSE」
地図はこちら→2011年、香港。<坪洲島へ行こう(1)>
住所:坪洲永安街46-49號 (個人所有)
1936年には既にここに有ったようです。花崗岩で造られた石屋。



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-07-07 17:24 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by syo-kunin at 2011-07-10 05:48
mitsukoさん、こんにちわ。。。

同じ時代とは思えない、街並ですね~!!
昭和の時代にタイム・スリップしたみたい!!

NHKでやってる世界歩き(金曜日・午後10時)で、出て来そうです(笑)
Commented by 豆腐花 at 2011-07-10 15:04 x
長洲島には饅頭祭のため、ずいぶん通いましたが、坪洲島には行ったことがありません。香港の原風景が残っていて、いいところですね。
次回の香港行きには坪洲島行きの計画を・・・
mitsukoさんのブログで坪洲島の魅力をチェック~~!!!
Commented by kadoorie-ave at 2011-07-15 17:42
>syo-kuninさま
syo-kuninさん、こんにちは。。。

御返事がすっかり遅くなって恐縮です。コメントがうれしくてブログを書いているようなものなのに〜すみません。

香港島からほんの30分の島なのに、時代が全然違うみたいに見えるんです。
わざわざ行く価値アリの、まった〜りした島です。スペクタクルとか最新の刺激は望めませんが、住んでる人が文化遺産みたいなかんじ。
香港は、なんだかんだいって犯罪率の低い都市なのですが、その中でも坪洲は最低だとか。そりゃそうでしょうとも!
Commented by kadoorie-ave at 2011-07-15 17:45
>豆腐花さま
本当にそうですね、離島(というわりに離れていませんが)って、ああ、広東の島々の元の暮らしはこんなふうなのではないかなぁと想像できるのどかさがいいですね〜。
私は長洲島にまだ行ったことがないので、今度は是非訪れたいです。饅頭祭、見たい〜〜!!
<< 近況メモ 2011年、香港。<坪洲島へ行... >>