いただき物と本日の夕飯

ここのところ、うれしい郵便物(メール便含む)がたて続けに届きました。まずひとつ目。

f0063645_0155242.jpg

四月の末に、重松清/原作の舞台、演劇集団 円による「カシオペアの丘で」を観に行きました。よく
ブログも拝見している141さんが出演されるうえ、とてもいい作品だと聞いていたので、これは見逃
すまいと馳せ参じたのです....千秋楽の日に。
いやー、見逃さなくてほんとうによかった!この先も、ふとした拍子に、または何事かにぶつかった
時、きっと何度も思い出すのではないでしょうか。心に深くしみる舞台でした。

そうしたら先日、なんと、「出演者全員のサイン入り台本」が当たってしまいました。うれしくて、
これからもいいことが起こりそうな気がしたり...♪

f0063645_1203036.jpg

さて。昨日、ポストを覗くとなにやら厚みのある封筒が。開いてみると、↑費玉清のCDが入っていま
した!心洗われるあの歌声、じっくり聴きたかったんです〜。T永さん、ありがとうございます。

さら〜に、今日になったら、ポストにDVDが届いていました。こちらは、T井さんに録っていただい
たもの。見たかったNHK/BSプレミアム「旅のチカラ 家族の厨房 再生のレシピ」です。
北京の料理店、「厲家菜」の料理の映像も、お店の人たちも、フレンチの料理人狐野扶実子さんも、
純粋で、シンプルで、あたたかい。

CDとDVD。これでは、いやが上にも夕飯は中国料理を作る気満々になってしまいます。

そういうわけで、今晩は中国料理(やや北京家庭料理系?)になりました。これが全体の様子。

f0063645_1391889.jpg



↓使った油は、つや出しの為にごく少量。さっぱりしていて、いくらでも食べられます。

f0063645_1395256.jpg

↓おなじみ、棒々鶏。

f0063645_1401635.jpg

↓ゴマペーストと、花椒が効いた蒸し茄子。緑色に見えるのは香菜。大好きな一品。

f0063645_140469.jpg

↓こちらはマイタケ、椎茸、ヒラタケを炒めてとろみをつけたもの。豆苗は、最近近所でもやわらか
くておいしいのが手に入りやすくなってきました。

f0063645_1411073.jpg

↓たまたま冷蔵庫に入っていたニラと卵でスープを。めずらしくもなんともないスープですが、棒々
鶏のササミを茹でたお湯をスープにしたので、味に深さがあると思います。

f0063645_1413329.jpg


それにしても、どうしても毎回、皿一杯にてんこ盛りにしてしまう。鍋やボウルに中
途半端に残るのが苦手で、無理矢理お皿に全てのせてしまうからですね。

[PR]
by kadoorie-ave | 2011-05-24 23:53 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(8)
Commented by suzie at 2011-05-25 07:53 x
豪華な中華ディナー、おいしそう。
いつものことながら力の入った食卓ですばらしい!!
小野寺家のご飯におじゃましたいものです。
Commented by 讃岐おばさん at 2011-05-25 08:45 x
美味しそう~~~!
何気ないスープにも無駄がなくて素晴らしいです。
6月のコンサートの予習をしてと*やん*さんから費玉清さんのサイン入りCDが送られてきて、毎日車の中で聴いています♪
Commented by kadoorie-ave at 2011-05-25 09:23
>suzieさま
CD、ありがとうございました。
CDそのものも、すごくうれしかったけれど、人が自分のことを思いだしてくれたり、何かを送ってくれたっていうことって、最高に嬉しいことですね〜。しみじみ。
いま住んでいる場所は、住み心地は悪くない地域ですけれど、ちょっと奥まっているので、なかなか人を招くことができないのが残念...かな。住まいが尋常でなく狭いのも。
Commented by kadoorie-ave at 2011-05-25 09:30
>讃岐おばさんさま
スープと棒々鶏以外は、ウー・ウェンさんの初期の本「単純がうれしい北京のおかず」からのメニューです。あの本は、北京の路地や生活を感じさせてくれる気がして、大好きなんです。
それにしても、*やん*さんからのCDはサイン入りなんですね〜いかにも*やん*さん♪
Commented by 玉井一匡 at 2011-05-25 11:37 x
どれも旨そうだなあ。これを熱々で食べられるようにつくるのは大変だなあと思いながら、よくみるとアツアツじゃなければならないのは、スープのほかには、ひと品だけのようですね。当たり前なんでしょうが、はじめにちゃんとメニュー構成の計画を立ててあるんでしょうね。
 蒸し茄子とキノコ+豆苗は、初対面ですがうまそうだなあ。
「厲家菜」の人参とカラシナの根の漬け物ってやつもうまそうでしたね。
Commented by 141 at 2011-05-25 23:54 x
わっ台本当たりましたか!おめでとうございます(^^)

蒸し茄子、どんな味なんでしょう。想像がつかないけれど美味しそう。
Commented by kadoorie-ave at 2011-05-26 15:38
>玉井一匡さま
そうなんです、どれも「熱い物は熱く!」と、気を遣わなくても割合大丈夫。北京出身の画家の知人たちは、なんでもない料理をいとも簡単に、次々と出してくれましたが、どれも気楽なものなんです。
ただ、塩をいつ、どれくらい入れるのかとか、火加減(強ければいいというものでもない)など絶妙としか云いようがなく、真似できません。
私が作る料理は、基本的にどの国のものを試すにせよ、「庶民の家庭料理」で、長年人々の健康を支えてきた簡単な料理ばかり選んでいます。それほど入りくんだ手順のものは、ないんです。
(香港の飲茶の点心などは別です♪)
Commented by kadoorie-ave at 2011-05-26 15:44
>141さま
こんにちは!うれしいことに台本が当たりました。ふだんどんな簡単なくじ引きにも当たらないのに♪自分宛の封書が(手書きの宛名で)届くことは少ないので、うれしかったなぁ。
蒸し茄子は、練り胡麻のコクと風味、四川風麻婆豆腐で感じるような、花椒の痺れるような、スウッとするようなあのかんじ、ごま油少しと香菜の香り。それに、蒸してとろっとなった肉厚の茄子。これをクルクル混ぜた味です♪作ると案外単純な手順なんです。
<< 本日の夕飯<炒咸食もどき&カレ... そういえば...ブログの画像の... >>