街の灯りがとてもきれい...ならいいな。

出かけると、街のあちらこちらで、節電のため工夫をこらして電気を消しています。地震の直後か
ら、以前よりは格段に暗くなりました。けれども、これで案外悪くないような気がします。
こういうのをどこかで見たような...そう、ヨーロッパの街みたいだ、と思ったひと、多いみたいで
す。twitterでデザイナーの原研也さんもそんなことをつぶやいていたっけ。ヨーロッパだけではあり
ませんよね。夜景を誇る香港だって、メインストリートから一本入っただけで、結構な薄暗がりの通
りになります。あれ、いいなぁ。私は香港のギンギラの明るさを好いているのではなく、ぼんやり暗
い路地と、そこにある人の暮らしのにおいが感じられるところが、好きです。

別段、コンビニは真夜中にまでビーム照射かと思うほど煌々と輝いていなくていい。自動販売機も、
あそこまで明るくなくていいです(←都のだれかさんに言われて自販機を規制するのはいやですけれ
ど)。全部が全部明るいこと、やたらに便利を追求することは、「豊か」ということの証しではな
い。

とはいえ、応急処置的に電灯を消してしまったため、今、足りないものは、街全体で計算された『美
しさ』ではないでしょうか。それに、暗すぎて足元があぶなっかしい階段や、よく見えない表示も多
い。

...というわけで、今の私が(心の中で切に)願っているのは、節電モードにおさえたまま
街の灯り全体をデザインし直せたらいい
のに...っていうこと。
街を根本から
  「今までより暗いけれどそれを感じさせない美しいバランスの照明」で
  「安全のための要所要所は満足いくように照らす
というふうにできたらどんなにいいだろう。

ひたすらどこもかしこも明るいなんて、大体が日本の文化でもないはず。パリのレストランじゃない
けれど、女の人が美しく見える灯りになったらいいのに♪(男のひとの精神にも必ずやよい影響があ
るはず。)女のひとが、青ざめて疲れたように見え、シワが一層深く強調されるような光はご免だ。

人間には美しさというビタミンはいつだって必要だし、美しければ満足できること、我慢できること
ってまだまだたくさんある...よね?




[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-29 23:55 | 住むこと暮らすこと | Comments(2)
Commented by ayam7281 at 2011-04-30 06:53
これを機会にほのぐらさと安全を両立した街灯をかんがえてほしいですよね
うん、明るすぎる必要はないですもんね~
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 23:35
>ayam7281さま
どことなくロマンチックな街の灯りだったら、いいですよね。
ぼうっとすることもできる、切なさもあるような、そんな程度の明るさの街。
<< 川島小鳥「未来ちゃん」 近頃の夕飯<生煎> >>