近頃の夕飯<生煎>

最近、仕事で「生煎(shengjian)」の絵を描いたら、ただちに自分でも食べたくなってしまいまし
た。
生煎は、日本では「焼き小籠包」と呼ばれることも多いようですが、小籠包を焼いたのとはちょっと
違います。生地は、小籠包の皮に近いものもあるようですが、多くは発酵させた小麦の皮で包み、中
の肉餡には、煮こごりのスープがたっぷり。大きさは肉まんよりグッと小さいです。これを香ばしく
蒸し焼きにしたもの。フワァ〜ッと上がる湯気、底の部分がカリッとして中から肉汁のスープがたっ
ぷり...

ああ、食べたいなあ。

そうなると、頭の中にはそれしか浮かんできません。もう、作るしかないですよね ♪
塊肉をスライスしてから、とんとことんとこ、包丁でたたいてひき肉状にします。そこに、鶏ガラ
スープにゼラチン(寒天でもいい)を加えて冷やしておいたものを細かく刻んで混ぜ込んで(詳しい
作り方は、「生煎 作り方」とか「生煎包 レシピ」で検索してみると出て来ると思います)、イー
ストで発酵させておいた皮を、水餃子の皮の要領で丸く広げます。それで肉餡を包む。

↓こんなふうに。
※写真が二つ横に並んでいるものは、クリックすると拡大してご覧いただけます。)

f0063645_1751513.jpg

f0063645_17512840.jpg
こうやって、まずは焼き付けて...

f0063645_17521533.jpg
熱湯をジュウウ〜ッと加えて蓋を
し、蒸し焼きにします。

お湯がなくなってきたかな?まだあるかな?ちょっと蓋を開けてみました...。

↓あとちょっと。

f0063645_1753159.jpg

f0063645_1755583.jpg
そろそろOK!

↓で〜きたっ!!

f0063645_17591123.jpg

反省点はあります。皮で包んだあと、他の用事で少し時間がかかってしまいました。それで、必要以
上にふっくらしてして大きい!
けれど、味はまあ....大丈夫。おいしい。

その他の、メニューは次の通り。

f0063645_1843131.jpg
ビンボー蝦なし酸辣湯(サンラータン)
トマト入り


f0063645_1811592.jpg

青梗菜のミルク煮 枸杞入り

f0063645_18123238.jpg
セロリの塩炒め

味付けは塩のみ。
セロリが鮮やかな色になったら、炒め終
わり。胡椒は入れない。歯ごたえがいい
です。

f0063645_18143192.jpg
生煎が上海のものなので、もうひとつ上
海家庭料理を付けましょう〜。

そら豆と高菜漬けの炒めたものを。
咸菜豆瓣
そら豆を崩しながら炒めます。そら豆と
漬け物がこんなに合うとは...と、毎回感
心します。この時期限りの鮮やかな翡翠
色。



[PR]
by kadoorie-ave | 2011-04-27 18:22 | おいしいもの | Comments(14)
Commented by tom-sou-ya at 2011-04-28 01:28
生煎おいしそう!
Commented by アンナ at 2011-04-28 02:30 x
食べたい .... (笑)
Commented by 讃岐おばさん at 2011-04-28 06:35 x
うわぁ、美味しそう~!
生煎、台湾で食べてきます。
Commented at 2011-04-28 07:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by のの at 2011-04-29 00:09 x
やっぱり光子さんは、料理がお上手ですぅ~近くなら目の前で
教えてほしいです(^0^)
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:21
>tom-sou-yaさま
レシピを検索すると、段取りが多いように思えてへこみますが
やってみると案外大丈夫。肉だって家で作ると脂身の量だって選べますしね♪
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:22
>アンナさま
出来上がってすぐだと、好香〜.........好好食.....♪
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:36
>うきうきさま
そうなんです。
欲が深いので、大きなつづらとか、たくさんある生煎包とか.....好きです。でもあとから「作りすぎた!」って気づきます。
味に保障はできないけれど、「そんなに食べちゃいけませんね」って、取り上げてほしいかも...
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:38
>讃岐おばさんさま
ああ、私だってプロが作ったおいしいのを、安く食べられるんならそのほうがいいのです。
台湾で生煎、いいなぁ。私の分も堪能してきてくださいね。
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:42
>鍵コメさま
ああ〜、ご無沙汰してすみません。
今回の生煎包は、ただもう、売ってる店(都内)まで行くのが面倒くさい→家には小麦粉も豚肉も、ゼラチンもある→それなら自分で作るしかないや...というので、久々チャレンジしてみました。
>>1985年頃の上海の路地裏で食べた...だなんて、美味しそう〜。うらやましくてひっくり返っちゃいそうです。以前老麺作りにチャレンジしようと思ったこともありましたが、作った後の管理が大変だったことを思いだして、結局やっていません。...やっぱりそちらに伺って、その豚まんを食べてみたい...!!!
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:43
>ののさま
上手ではないんですが、失食べたい一心でつくるのみです♪たくさんできるのもいいところ〜(..痩せたいと言いながら、それじゃだめか。)
Commented by kadoorie-ave at 2011-04-30 02:45
>うきうきさま
そうなんです。
欲が深いので、大きなつづらとか、たくさんある生煎包とか.....好きです。でもあとから「作りすぎた!」って気づきます。味に保障はできないけれど、「そんなに食べちゃいけませんね」って、横から取り上げてほしいかも...
Commented by musashino7357 at 2011-05-02 14:08
いや〜、相変わらず美味しそすぎます。
我が家のいつもの話題...「これって一体何人分だ?!」
横にいて取り上げる係を引き受けたいです(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2011-05-03 02:27
>musashino7357さま
こう見えても、案外たいした分量ではないんですよ....(!?)
それから、大好きなものは一度にスッキリなくなってしまう(食べてしまう)と、大変残念なので、次の食事にももう一回食べられるくらいの量を、用意してしまいます。
.....ついね。
<< 街の灯りがとてもきれい...な... メモ(放射能について私がチョロ... >>