沖縄 <首里城/瑞泉門>

首里城一帯は、居るだけでなぜか気持ちがよくなります。地形も、建物も皆いい。なかでも、瑞泉門
と城壁、その上に広がる空の形にはときめくものが♪
1470年頃の創建といわれる首里城内郭の門で、第二尚氏の尚真王の時代に歓会門や久慶門ができる
までは、この瑞泉門が首里城の正門だったそうです。沖縄戦でここも焼失していて、今あるのは
1992年に復元されたものだそうです。
画像をクリックすると、少し拡大してご覧いただけます。

f0063645_23324660.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2010-09-24 23:38 | 散歩と旅・建物 | Comments(0)
<< きのうの、夕飯 <栗ご飯> 沖縄 <手書きの標語・立て看板... >>