旅の思い出<高松/香川県庁舎 東館>

昨日一日、何週間ぶりかでお休みらしいお休みをとって、実家にも帰ってきました。
フリーランスでも、売れっ子で一年中無休なんていうかたは事情が違うと思いますが、私の場合『農
繁期』と『やや農閑期』(農業ではないんですが...)というのが予期せぬ順番でやってきます。年末
年始は忙しいのが普通ですが、今年は夏もありがたいことに、なかなかの農繁期状態です。ちと大変
だけど、描くのはおもしろいんです。

一番調子がいいのは、明け方3時半くらいに起きて、朝食まで描く。午前中はメールの返事や雑用を
こなす。昼に再開〜夕方6時くらいまで(ただし集中力落ち気味)...という時間の使い方です。切羽
詰まると、加えて夜11時から午前1時過ぎまで描きます。そして仮眠。明け方に起き出し...という繰
り返し。さすがにしょっちゅう一睡もせずに...というのは無理になりました。(してもいいけど翌
日集中力ゼロになって、元も子もない...。)
人と顔を合わせれば元気そうにはしていますが、本当は体が弱いので、中身はヨレヨレです。この間
なんか、昼食を食べたのを忘れ「ワタシッタラ マダ ナンニモ タベテイマセンヨゥ!」と、二度
目も完食してしまいました。ダイジョウブカ、ワタシノ ノウミソ!!(結構、本気でショックで
す。)

さて、そんなことはさておき、しばらく前の旅の思い出を。
こちらの画像は、香川県高松市にある香川県庁舎です。東館(旧・本館)は丹下健三の設計で、一階
には猪熊弦一郎の壁画があると聞いていました。夕方おそく、時間ができたので、フラッと観に行っ
てみました。

f0063645_10595285.jpg
所在地:香川県高松市番町四丁目1番10号
設計:丹下健三
階数:地上8階
高さ:43m
竣工:1958年
(お詫び:↑たった今読み直しましたら、階数
〜竣工が誰が読んでも間違っているとわかる
内容でした。お恥ずかしい。またボーッとし
て変なことを書いてしまったようです。訂正
いたしました。2010/8/23/19:40)

昔はこちらが本館でしたが今は東館に、2000年竣工の高層ビルが本館となったそうです。
両方を見比べながら思ったのは、まず、8階建てくらいなら、人としてなんとか把握できる(親しみ
を持てる)サイズだなあ..と。
そして、旧館のそばにそびえる、巨大な現・本館を眺めながら、「これほどの建物が必要になったの
は、香川県の人口が何倍にも増えたのだろうか?それともやるべき仕事が、広範囲、膨大、煩雑に
なって、旧館ではまったく収まらなくなったのか?はたまた機器、機材、施設が膨大な量になったの
か?」よくわからないなあ...ということでした。いずれにしても、たいへんだなあ。
日本各地の県庁の建物は、これからも絵本「そらいろのたね」のお家のように、どんどん大きくなっ
ていくのでしょうか?

f0063645_1102178.jpg
すっかり日が落ちたので、
猪熊弦一郎の壁画はこんな
ふうにしか撮れませんでし
た。
ただ、外から見ていても、
なんとなくのびのび愉快な
気持ちになる壁画でした。
公共施設に、こういう潤い
は嬉しいです。
いいなあ。




[PR]
by kadoorie-ave | 2010-08-23 11:27 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by shinmemo0417 at 2010-08-24 10:44
僕の師匠の一人、神谷宏治氏が丹下事務所当時担当していた作品です
この後旧都庁舎など日本風の細かいRC製横架材などで表皮を作る丹下風(あるいは和コルビジェ風)ができます。コルは壁画は自分で描いたけど、こちらは猪熊さんでしたね。
Commented by kadoorie-ave at 2010-08-27 00:14
>shinmemo0417さま
さすがにshinさんの解説、簡潔なのに私にもよくわかりました♪
猪熊さんの壁画には、重苦しさやえらそうなところがないのがいいですね。
お役所なのに、旧・本館の部分には堅くつまらない雰囲気がなく、繊細さや開放感が感じられて好きだと思いました。(役所や会社の建物には、「MOMO」の“灰色の男”がたくさん出てきそうな建物が多くて、いつもお腹が痛くなってしまうんです。)
Commented by shinmemo0417 at 2010-08-27 01:38
拙作の青森の図書館「MOMO」には灰色の男はとうに諦めました
何故かMOMOには天然色の素敵な時間がついて回ります
そうそう香川県は丹下の故郷、もともと天然色の建築家なんですよ
Commented by kadoorie-ave at 2010-08-27 11:11
>shinmemo0417さま
青森の図書館「MOMO」、検索して拝見しました♪
なんとまあ居心地の良さそうな。図書館はヒンヤリとした湿り気と本の威圧感にお腹が痛くなりやすい場所なのですが、ここならのんびり過ごせそうです〜いいなあ。
Commented by syo-kunin at 2010-08-29 06:55
mitsukoさん、こんにちわ。。。

香川県、四国って良い所ですよね~♪
ムスメ(妻)と、旅行に行って一番楽しい所でした(笑)

アレレ・・・ミツコサン、カラダ、ジョウブソゥデシタガ(シツレイ)
ムリ、ナサレナイヨウニ(ワライ)(*´∇`*)
Commented by kadoorie-ave at 2010-08-31 04:18
>sho-kuninさま
sho-kuninさん、こんにちは。。。

香川、地形から街、人まで、みんなおもしろいですね〜
瀬戸内ぜんたい、魅力的なので、ゆっくりグルリと旅したいものです〜。

ナツバテハ ナントカナリマシタ。
タダ、チイサナコロカラ「トッテモ ゲンキデ、カラダハ ヨワイ」ヨウデ...。アタマモ サイキン ダイブヨワッテ キテイマス!!イェイ♪
<< 旅の思い出<高松/百十四銀行 本店> 旅の思い出<直方のサイダー> >>