また新しい旗袍(チャイナドレス)を作っちゃった♪

先日、久しぶりに王華(シャーリー・ウォン)こと広岡今日子さんの家に遊びに行きました。
今回の目的は...また新しいチャイナドレス(旗袍/チーパオ)を注文し、それが出来上がったからな
のです!
今回の私の旗袍は、民国時代とちょうど時代のセンスが釣り合う、日本の着物をほどいて作ったも
の。実は広岡さん、旗袍だけでなく、着物にも詳しく、骨董市では目にも鮮やかな素早さ、確かさ
で買い物をします。その生地を生かして作る、レトロでモダンな旗袍です。シルクです♪

f0063645_18115837.jpg※本来ならば、私が着たところを撮ったほうがよいとは
思うのですが、撮ってくれる人がいなかったのでとりあ
えずシノワさん人形で。
後ほど、きちんと撮ってここに追加します。ディテール
の画像も追加の予定。


(自分の姿を載せたくはないのですが、私は広岡さんか
ら重要なミッションを担っているのであります。つまり
『こんな体型の人でも、どんな体型でも、民国スタイル
の旗袍なら誰もがちゃんと似合うのだ』というのを体現
する使命...。
(『こんな体型』というのは、私のような背が小さくて
全身に豊富なおニクをたたえている体型のこと。
本来、旗袍を着る理想的な体型は、スレンダーでフラッ
トな胸、首が長くてなで肩
...です。たおやかで可憐な、
ね。)


そして今回は、私以外にIさんとTさんのお二人も一緒に広岡家へ。お二人は前回私が作ったのと同
タイプの香雲紗旗袍をご購入〜。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0063645_1153421.jpgちなみに前回の旗袍はこれ。

広東省順徳特有の布地、香雲紗を使ったものです。この生地は近
年中国でも再評価されており、人気の高い生地です。
布自体作るのに手間暇のかかる...実は高級な生地なのです。

→2009-06-05
「旗袍、着てみました....(顔から火を出しながらっ!)」


<ここで、おしらせ>ここでお見せしたような、旗袍全盛期/1930〜40年代スタイルのチャイナド
レス。今後広岡さんとしては、製品として提供していくことを検討中です。新しい情報が入りまし
たら、当ブログでもお知らせして参ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●広岡今日子さんのサイトDa Shanghai Tangguohao 上海糖果號
→サイト内のGalleryページから「中国服」にお進みください。彼女のコレクションの一部を垣間
見ることができます。
●広岡今日子さんの著作
「時空旅行ガイド大上海」 (情報センター出版局)←カジュアルでいて、内容は深いです♪
「旅の指さし会話帳 37 上海 (ここ以外のどこかへ!)」(情報センター出版局)
ほか多数。→ amazon.com 広岡今日子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-05-06 09:06 | 住むこと暮らすこと | Comments(0)
<< 『大上海糖果號』広岡さんの旗袍... 最近の食卓<ナムルを色々作った... >>