高速バス体験 to 上越高田


f0063645_14201137.jpg

※イラストはクリックすると拡大します。
今書きかけの「高松〜倉敷の旅」では、東京に戻る際、生まれて初めて高速バスを使って東京に戻
りました。なんとなく、長距離のバスは体力が必要そうで避けてきたのですが、JR四国バスには
レミアムシート
というのがあって、広いシートで体はほとんどまっすぐに伸ばせるし、カーテンで
きちんと仕切られている...というので、乗ってみたのです。う〜ん、こりゃすごい。ラクチンでし
た〜♪(プレミアムシートは、搭載されている車両は全てというわけではありませんし、人気があ
るので直前だと取りにくいのだそうです。手配してくださった方、ありがとうございました。)そ
れで味をしめました。高田ー東京間のバスにはプレミアムシートはありませんでしたが、ま、なん
とかなるでしょうと(←体力面)。なにより乗ってしまえば、高田まで乗り換えなしがうれしい。
帰りは、明け方の池袋でぼうっと始発電車を待つ自分が、ワケアリのヒトっぽくてイイナァと思い
ました。なんのワケもないんですけどネ。


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-04-17 14:39 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by tomotubby at 2010-04-18 03:31 x
わたしの場合、帰りはいつも時刻表とにらめっこして長野まわりか、直江津越後湯沢まわりか上野に早く着く方に決めてましたけど、バスという手もあるんですね。
Commented by kadoorie-ave at 2010-04-18 13:19
>tomotubbyさま
行先まで直通のバスさえあれば、なかなか安心で便利なものでした。
寝不足で疲れて乗るくらいで、ちょうど良いと思いました。ぐっすり眠れます。
美味しい飲み物やおやつ(食事)を持って乗れば、さらに楽しい...。
Commented by 芋太 at 2010-04-18 15:39 x
わたくしも高速バスは山形に帰る時にたまに利用します。
日頃から眠りが浅いのでちゃんと眠れたためしはありませんが、
あれはなかなかいいですねぇ。
ワケありな感じというのが、かわいいです(笑

新潟は、山形のすぐお隣なのに、三年前に佐渡に旅行に行ったのが
デビューでした。
佐渡は「ながも」というとってもおいしい海草があって、大量に買い込んできて
食べていたのですが、東京では全く手に入らず、
ネットでも冷凍品しか売っていないのです。

お礼が遅くなりましたが、「ちょんまげタキシード」の記事、
アップさせていただきました。
本当にどうもありがとうございました(○´∀`)ノ゙
Commented by kadoorie-ave at 2010-04-19 21:01
>芋太さま
たまたま四国から帰るときも、今回上越を往復するときも
クタクタに疲れていたので、思いの外眠ることが出来ました。
以前夜行寝台列車で個室をとったときは、診察室のベッドのようで、
かたい合成皮革のベッドの上をシーツが滑ってずれるかんじが気になってねむれませんでしたが。
小さい頃「遠足のバスでは酔って気持ちが悪く」なっていたので
バスを避けていましたが、終点までボウッとしていられるのは助かります。
(ところで、『ながも』...気になります。)

「ちょんまげタキシード」の記事、こちらこそありがとうございました。
芋太さんの探索探偵ぶり、流石であります。
(ところで、私は年は食っていますが『先生』というほど立派なしろものではありません。
照れくさいのでせいぜい『さん』付けで呼んでくださいまし。)
<< 高知〜倉敷の旅 2010(16... ちょっと新潟へ行ってきました。 >>