高知〜倉敷の旅 2010(1)

先日、仕事で南国土佐に行きました。
よく考えてみたら、昨年の2月まで、神戸より西に行ったことがなかった私です。2月に取材で香川
へ行き、その足でせっかくここまで来たのだからと倉敷にも立ち寄ったのでした。それですっかり
倉敷が好きになって、あちらで個展開催。倉敷にも香川にも知り合いが増えました〜。このブログ
のおかげでもあります。そして、何回も倉敷や香川を訪れることになりました。なんだか不思議だ
なあ。


さて、今回は初・高知でした。飛行機で高知まで飛ぶ...という手だてもありますけれど、私はゴト
ゴト・ビュンビュン列車に揺られているのが好きですから、まずは高松まで電車で。そこから、以
前も高松取材でお世話になったどつぼさん(坪内政美さん)と合流して、車で陸路、高知入りいた
しました。(四国取材といえば、この人の出番なのです。鉄道のことはもとより、四国のことは
な〜んでもよくご存知なのです。呆れるくらい。)

陸路を行ってとても良かったと思うことは、四国、なかでも高知県が山また山で、分厚い森林に覆
われたところなんだなぁと実感したこと。行きは高速道路で一気に進み、高知取材後の帰路は普通
の道をうねうねと辿って高松まで戻りました。

そのあと、倉敷にも立ち寄って、また新しい発見をして帰って参りました。

これから何回かは、今回の四国と倉敷のふらふら旅(一応全部仕事なんですけど)で見たものを、
頭に浮かぶままにご紹介していきます♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この写真は、高知からの帰り道、どつぼ氏が、「小野寺さんが好きそうな町並みがある」と立ち
寄ってくれた、徳島県美馬市脇町にある「うだつの町並み」の風景。倉敷の本町通りを初めて見た
ときとおなじで、日が暮れてから、こういう町並みがパッと現れると、夢を見ているのかと思って
しまいますね。
画像をクリックすると大きくご覧になれます。
※(撮影/坪内政美 氏)

f0063645_22462154.jpg


(追記)写真家・三井昌志さんのブログ たびそら「リキシャで日本縦断!」。これまでアジアを
旅してきた三井さんが、バングラディッシュ製のリキシャを運転しながら日本を縦断中!
先日、ちょうどこの脇町のうだつの町並みでの様子が出ていました。昼間の町並みを垣間見ること
ができます。
→→「6日目:これから探しに行くんだ」




[PR]
by kadoorie-ave | 2010-03-05 22:54 | 散歩と旅・建物 | Comments(4)
Commented by 芋太 at 2010-03-06 05:21 x
はぁ・・・美しい・・・!
「夢を見ているのかと」という感覚すごくよくわかります。
千と千尋ではありませんが、突然迷宮に引き込まれたような、
翌日訪れたら、そんな街並みの影も形もなかった、、、

なんていう妄想欲をバッキバキに掻き立てる一枚ですね~^^
四国・倉敷取材記、これから楽しみにしています♪♪♪
Commented by shinmemo0417 at 2010-03-07 22:46
美馬の卯建の完成度、装飾性は信州や岐阜の街並みよりかなり贅沢
短いエリアですが本当に残したい遺産です
随分前に訪れましたが、こんな素敵なライトアップしているのですね
Commented by kadoorie-ave at 2010-03-12 11:40
>芋太さま
夜、唐突にこの風景を見たので、とても幻想的に見えました。

しょっちゅう読んでいるブログの一つ、「リキシャで日本縦断!」で、ちょうどこの町並みを昼間に撮った写真が出ていたので、追記してリンクしておきますね〜。

それにしても、もう一度ゆっくり行ってみたいなあ。
この町ぜんたいに、映画館やらなにやら、見るべきものが色々あるようですぞ!
Commented by kadoorie-ave at 2010-03-12 12:19
>shinmemo0417さま
車でゆっくり走って、もういちど引き返しただけなのですが
夜ということもあって、そこだけがポッカリと違う世界のように見えました。
ほどほどの生活感があるのも良い感じ。
是非もう一度、ゆっくり歩き回ってみたいです。
<< 高知〜倉敷の旅 2010(2)... 最近の食卓<ひな祭りだったので> >>