中華・薬膳料理のセミナーを体験!

先週末、インテリアコーディネーター佐伯喬子さんからお誘いを受け、急遽中華・薬膳料理のセミ
ナーに参加してきました。それも、テーマはなんと「薬膳的アンチエイジング・メソッド 美し
い「血」が若さをつくる!」
です。

体の外からのお手入れには確かに効果があるけれど、一番本質的で、効果があるのは体の内側から
のケアだと思ってます。(私の『食べ過ぎ』はここでは置いといて...)体の細胞は全て食べたもの
のみからできているぅ♪ だから、日頃の食生活に、多少薬膳の考えを取り入れてはいるものの、も
う少しきちんと知りたいと思っていたところ。
セミナーは国際中医薬膳師大田ゆう子さん。場所は横浜中華街の老舗「聘珍樓」横浜本店です。

ではメニューをご紹介。
(二つずつ並んでいる画像は、クリックすると大きく鮮明にご覧いただけます。)

f0063645_22512312.jpg

↑<左>枸杞雪茸[火屯]魚翅(枸杞・白きくらげ・フカヒレ蒸しスープ)
烏骨鶏と枸杞の実、白キクラゲ、金華ハム、フカヒレを蒸したスープ。口に入れた途端、体中の細
胞にじんわりしみ込んでいくようでした。半分もいただかないうちに体がポカポカ〜。
<右>彩色鮮蝦餃(芝エビの蒸し餃子サフランの香り)/翡翠波菜(翡翠色ほうれん草餃子)
さっぱりしていて、なおかつプリプリの食感!

f0063645_12305722.jpg

花生炆腩肉(ピーナッツと豚バラ肉の柔らか煮)
フルフルに柔らかい豚肉で、全くギトギトしていない上品な味わい!

f0063645_22521267.jpg

次のが来ました。テーブル全体はこんなかんじ。

f0063645_22523376.jpg
上湯[火局]滑蛋蟹(イチョウ蟹のふわ
ふわ上湯仕立て)

イチョウ蟹、赤ピーマン、春雨、菜の
花、エリンギ、フレッシュマッシュル
ーム

f0063645_22525372.jpg

↑<左>八宝粥(八味お粥)
百合根、ハトムギ、もち米、蓮の実、龍眼、大棗、栗、赤小豆のお粥。トロリとして素朴な甘み。
味付けはあえてしていないそうで、これは素材からの甘み(特に大棗)のみだそうです。食べてい
るとすご〜〜く穏やかになります。
湯丸玉桂茶(シナモン、陳皮、生姜の黒ごま入り白玉団子スープ)
体を温める素材のデザート♪どの香りも出しゃばることなく、ほ〜っとする味わいでした!

いや〜、お腹にまったくもたれませんでした。すっかり美しくなった気分♪♪(←お腹の中が。)

セミナーなので、薬膳の概要についてのお話もあったのですが、そこで気になった(『へえっ』と
思ったこと)は次のエントリーにて。


[PR]
by kadoorie-ave | 2010-01-31 22:53 | おいしいもの | Comments(2)
Commented by 芋太 at 2010-02-06 06:11 x
薬膳・・・目にも美しいお料理のオンパレードですね~。
枸杞雪茸[火屯]魚翅になんとも惹かれます^^
何味、とも形容出来ない奥深い味なのでしょうね、、、。
あー、いただいてみたい!

わたくしのお隣町、蒲田の餃子の超有名店「歓迎」は
餡に薬膳スープが使われているらしいんですよ。
まぁ、ビール片手に、、、では
その効果も半減なのかもしれませんが・・・。
Commented by kadoorie-ave at 2010-02-08 12:11
>芋太さま
どれも、洗練された上品な(くどいとか、何かの味が突出しているとかいうところがない)味でした。穏やかなのに、口に入れた瞬間から満足感が広がるというか...。
薬膳の基礎知識はもっと欲しいのですけれど、ここまでの味はさすがに素人にはどうにもならないかんじ。
まあ、香港や台湾に行ったら、スープに入れる漢方の素材とかは忘れずに買い足しておきたい....ああ、随分香港にいってない...。実は10年のパスポートが切れちゃって。パスポートを取り直すのが億劫....(そんなことを言っている場合じゃないけど。)

蒲田の「歓迎」ですね。よし、頭にメモした!!
<< 老けゆく〜♪私? (薬膳セミナ... 『ハイチの惨状をGoogle ... >>