倉敷個展の記録<「今橋」@三宅商店・蔵ギャラリー>

三宅商店 蔵ギャラリーに展示した作品です。
こちらは美観地区に入ってわりあいすぐのところにある今橋。倉敷川にかかるこの橋は、大原美術
館の名画収集をした画家の児島虎次郎による設計・デザインです。欄干にはどことなくユーモラス
な龍が彫られています。それではじめてここを訪れたとき、白壁と貼り瓦の蔵の町並みと相まって
どことなく中国・江南の町を連想したのでした。
橋の向こうに見えるのは、有隣荘(緑御殿)大原孫三郎が妻のために建てた大原家の別邸です。
(↓イラストの画像はクリックすると大きい画面でご覧になれます。)

f0063645_132632.jpg

↓これがその大原家別邸「有隣荘」。個展の時期、この大きな金木犀からは辺り一面にいい匂いが漂
っていました。

f0063645_1858363.jpg

↓個展の後片付けを終えて、さあこれから東京へ帰ろうという日。今橋から倉敷川を眺めると、こん
なに清々しく輝く景色が!最高。

f0063645_18581998.jpg



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-11-20 13:28 | イラストの仕事 | Comments(6)
Commented by 芋太 at 2009-11-23 08:44 x
龍の彫刻と、瓦屋根の四隅の反り具合が、中国チックなムードを醸し出していますねー。
江南というのがどんな町が知らないわたくしですが、
「うんうん、江南っぽい!」などとうなずいてしまいました(笑
川のある風景というのはなんとも良いものですね。
ここもなんだか蘇州っぽくありませんか~?
ま、こちらも行った事はない訳ですが・・・テヘッ。
Commented by 讃岐おばさん at 2009-11-23 08:50 x
昨日、22日に行って来ました。
緑御殿、素晴らしいですね!
大阪の職人さんが焼いた瓦、一枚3万円だそう。
で、予備が200枚置いてあるそうで・・・すごいですよね。

念願だったカフェ・エル・グレコさんへも行きました~
Commented by *やん* at 2009-11-23 11:19 x
ラストの一枚、絶妙のアングルです^c^v
さすがです!!
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-23 16:12
>芋太さま
江南は上海と隣の江蘇省・江省あたりの水郷地帯。蘇州とか周庄とか、朱家角などです。
だから芋太さんのおっしゃるとおり....なんです。
ここは小さな地域で、とてもきれいに整備されていますけれど、
かといってウソっぽいテーマパークとは全然違う、ホンモノの美しさなので好きです。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-23 16:19
>讃岐おばさんさま
まあ、早速に再び倉敷に♪さすが、讃岐おばさん!
緑御殿、私はまだ中に入ったことがないんです...いつも周囲だけ。
予備の瓦が200枚とは...でもそうしないと維持できませんもんねえ。
本町通り沿いの町家でも、屋根は昔の本瓦なので、お寺のものをまわしてもらって補修したと伺いました。
カフェグレコ、すぐに入れました?混んでいないとのんびり気分なのですけれど。
あそこのどっしりと揺らがないセンス、いいなあ...。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-23 16:21
>*やん*さま
あの日はお天気が良くて、空気も澄んでいて
倉敷川が輝いていたんです。すんばらしい眺めでしたよ〜。
アングル、褒めてくれてアリガトウ♪
<< <どつぼこと坪内政美さん/トー... 倉敷個展の記録<「倉敷民藝館の... >>