永楽製麺所の翡翠麺で「鮮蝦雲呑麺」(海老ワンタン)

では続けてお料理の話題で。とはいえ、この写真をお見せするのは...ちょっと気が進まないのです
が。10月末に横浜中華街に行った折、中華の製麺所といえばココ!という永楽製麺所本店に寄り
ました。横浜中華街の各店に麺をおろしている店で、昔ながらの作り方で添加物もなし。
今回はワンタンの皮、翡翠麺、香港炒麺などを購入しました。

どう使おうかなあ...と考えていたのですが、どうしてもほうれん草の入った緑色の麺に蝦雲呑(エ
ビワンタン)を添えて食べたくなりました。雲呑麺にするには、この麺は太すぎるのですけれど
も。雲呑は香港風に、ゴロリと丸いやつです。かんだ途端、海老がプリッ、ジュワーッと口中に美
味しさの広がるアレがいいのです〜。

どれも無事にできたのですが...小さめの器に無理矢理ワンタンを6個も7個も入れて、その上に翡翠
麺を乗せたので、充分スープが入っているのに盛り上がった麺しか見えませ〜〜ん。大変お下品な
ことになってしまいました。※そうそう。香港では、蝦雲呑を器の下に、その上に麺を乗せるので
す。香港の麺はとても細い麺なのでのびにくいように。
旅行ガイドに載っている雲呑麺の写真は、
せっかくの蝦雲呑が隠れていては絵にならないので、上に乗せてありますが。


f0063645_22335471.jpg

本当なら、黄ニラを載せたいところですが、中華街の八百屋で手に入らなかったので、致し方なく
青ネギと香菜を乗せました。
添えた青菜は青梗菜に非ず。広東白菜(パクチョイ)であります。この透明感、鮮やかな緑。今回
翡翠色を楽しむことも密かなテーマでしたから♪

f0063645_22501566.jpg

それにしても...

美しくない
の盛りつけ方で、
失礼いたしました。
早く食べたくて焦
っていたのです。



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-11-16 22:51 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by はな太郎ママ at 2009-11-17 08:42 x
ワンタンメンはこうじゃなくっちゃ。ごろごろのわんたん美味しそうです。
外でワンタンメン頼んでワンタンの皮だけだったりすると超ガッカリします。スープも翡翠色の麺が生きるように澄んだスープなのね。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-18 00:06
>はな太郎ママさま
そうなの、私も皮を楽しむようなワンタンより、かんだらブリッと弾力のあるまあるいワンタンが好き。
麺にスープの素も添えてあるんだけど、いい味なので、そこに干し貝柱とか大地魚(ダイデイユッ)の粉末だとか加えてちょっと風味付けしました。
Commented at 2010-01-30 13:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kadoorie-ave at 2010-02-01 12:04
>鍵コメさま
書き込みありがとうございます。検討してみます。
<< 倉敷個展の記録<「倉敷珈琲館」... 丸ごとキャベツの重ね煮 >>