倉敷個展の記録<「たばこ屋さん」@三宅商店・蔵ギャラリー>

町家喫茶の三宅商店・蔵ギャラリーに展示した作品です。画像をクリックすると拡大します。

f0063645_2046422.jpg

三宅商店のある本町通りと、大通り(元町通り)寄り・倉敷駅寄りの「えびす通り商店街」の間に
は「本通り商店街」があります。その一角にある「たばこ屋さん」。
昔ながらのショーケースがこんなにも美しいものだとは。
...それにしても、このショーケースの中にはたばこはもちろんあるのですが...。店主のこだわりの
コレクションなのか、あるいはなんでもいいからテキトーに並べてしまったのか...置物がたくさん
並んでいます。ディズニーランドのおみやげから、中途半端に懐かしいキャラクター、そして招き
猫まで。色々取りそろえてございました。

たばこを吸う人が減っても、この美しいショーケースと「くゆらす」という言葉は残りますように。
「煙草をくゆらす(燻らす)」「パイプをくゆらす」って、なんだか素敵な言い方だって、思いま
せん?



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-11-14 20:43 | イラストの仕事 | Comments(4)
Commented by しょうちゃん at 2009-11-15 00:33 x
くゆらす…素敵な言い方ですね。
「ちょっと煙草くゆらしてくるわ~」なんて言う人が傍にいたら良いですよね。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-16 00:11
>しょうちゃんさま
「くゆらす」って子供の頃から、なんだか素敵な言葉だなあ、大人の言葉だなあ...と思っていたのですが、
そろそろ世の中から消滅しそうだなあ...と心配したりして。
こういう絶滅危惧種の言葉、激増している気がする。
そう言ってる本人が、自分のボキャブラリーの貧しさに日々困っているのですが...
Commented by kawa at 2009-11-18 01:25 x
昔はそこいら中に角のタバコ屋がありました。これも絶滅危惧種ですね。ガラスの裏のはがれ掛かった箔や赤を他で見た覚えがあります。ガラスはある程度真面目に描かないとガラスに見えないけれど,あまり書き込むのも野暮。実に絶妙な書き込み具合と感心しています。
Commented by kadoorie-ave at 2009-11-20 02:18
>kawaさま
角のたばこ屋、そして店番のおばあさん。たまにバトンタッチで若い奥さんとか娘さん?見かけなくなりましたねえ。
こちらは置物を何でも並べてしまう癖のある、ご主人がまもっているお店のようで。
お店の奥に、店主の生活が垣間見られる...というのも、そういえば随分減りました。

...ところで、kawaさんに褒められたのなら、それはほんとうかもしれないという気がして、ちょっと嬉しくなりました
<< 丸ごとキャベツの重ね煮 倉敷個展の記録<「カフェ・エル... >>