倉敷個展の記録<倉敷に向けて、出発直前のとき...>

自分では、何ヶ月も前から個展の準備をしてきたつもりでした。が、直前になると「あれもやって
なかった〜。ひゃあ、こんなものも必要だった!」と焦ることがたくさん..。
とはいえ、火事場の馬鹿力といいますか...追い詰めらたら、これまでまったく動いていなかった予
備のエンジンが回り始めるのか、普段なら考えられない集中力で同時に沢山の作業をこなす自分に
ちょっとびっくり。普段からこの調子なら、『えらい人』になれたかも。有能な人というのは、こ
ういう集中力と行動力がずーっと持続できるのでしょうねえ。
わたしは短期決戦型というか、「継続は力なり→継続できず力なし」なタイプです。そしてゴロゴ
ロしながら捕らぬ狸の皮算用をするのが大好き♪


f0063645_872889.jpg
直前に力業で仕上げた等身大のシノワさ
ん。(散らかったアトリエにて撮影)

大きな体を支えるため、背骨・鎖骨&肩
胛骨・骨盤などは丈夫にしました。



濃いピンクの中国服は、本で見つけた昔
の中国服の型紙から起こしました。

無地のインドシルクの生地に、3種類の
イラストを丸紋ふうにシルクスクリーン
・プリントしてあります。
インクは白に近いピンクです。この生地
を裁断してミシンで縫ったもの。


f0063645_882274.jpg
左の棚は出発直前、「そうだポストカードを立てて
おくラックがない」とあわてて制作したもの。

こちらの材料は、A2サイズの木製パネル(画用紙を
水張りするためのパネルです)の裏側を利用しまし
た。切断に時間のかからないバルサの角材(2本ず
つ。桟というか、棚板を増やすため)。ポストカー
ドが落ちないように渡す棒(?)はバルサだと弱す
ぎるので、細くて薄い檜の棒を4本。

仕上げはココア色の水性ペイント。

カッターとハンディなのこぎり、そして木工用ボン
ドで短時間で作ることができました。
木工用ボンドは乾いてしまえば非常に強力で、剥が
そうとすれば板が割れることもあるほどです。

額装を済ませたイラストと、こうした雑貨を全て梱包したら、大きなダンボールで11箱もありまし
た。梱包に丸一日かかっちゃいました。

宅急便で荷物を送り出して、まずは一安心。だけど、まだまだやることが!ポストカードの印刷と
か、それを入れる袋。値札。ガムテープ、セロテープ、マスキングテープにカッター、はさみ。忘
れ物のないように。

予定していた新幹線には間に合いそうもなく、次々見送ってしまいました。あとは、最終手段。寝
台特急サンライズ出雲だけが頼りです。これだけは逃せない。乱暴に自分の着替えなどをスーツ
ケースにつっこんで、出発です。ワクワクと緊張、疲れで、迷子のように泣きたい気分だったので
すが、残念、大人だからエンエン泣くわけにもいきません。自分で企画したことですしねえ...。
(サンライズ出雲なら、東京を夜10時に出発すると、一切乗り換えなしで朝、倉敷に着きます。お
すすめです。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-10-22 12:01 | イラストの仕事 | Comments(2)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2009-10-23 12:48
あわててこんなん作れちゃう光子さんすごいっ!
木工用ボンド、自宅で真っ二つに割れた椅子の座板をしっかりとくっつけてくれて、
今でも問題なく私の大きなお尻をぐっと支えてくれてます。

ダンボール11個!ということは同じ位のダンボールがまた帰ってくるのですね!お片づけ頑張って~!
Commented by kadoorie-ave at 2009-10-24 12:35
> pyontaro-piyopiyoさま
にんげん、追い詰められればこんなものをあっという間に二つ、作ることができるんだなーと、自分で自分にビックリしました。
出来映えは多少情けないのですが。ポストカード立ては買うと高い(ネットで店舗用什器など調べたのです)。欲しいものもない。時間もない、ゼロから木を切る暇がない...と思ったら、突然思いついちゃいました。
半べそのフルスロットルちゃんが降臨していたのかも。(と威張るほど素敵なものではないけれど。)
<< 倉敷個展の記録<大きいシノワさ... 倉敷からただいま帰って参りました♪ >>