倉敷<風炉先屏風のイラスト>

先だって、大きな水彩イラストを屏風に仕立てるため、倉敷の表具店「如竹堂」のかたにお願いし
てきたわけですけれども、今度は小さめの風呂先屏風に絵を描いています。
小さめのこれは町家喫茶・三宅商店に展示予定。
表面に自分でコットンの水彩画紙を貼り付けてしまったので、屏風としての仕上がりがきれいとは
言いがたいです...、ごめんなさい。でも、せっかくの倉敷屏風祭。私もそうっと参加したい。由緒
正しき屏風や格調高いものが街中に飾られるであろう、その中に、ちょこっと混ぜていただけない
でしょうか...ということで。

途中経過を中継いたしま〜す。いまこんな具合です。

f0063645_22483485.jpg

携帯で撮った画像なので、鮮明ではありませんが、制作中の雰囲気は伝わるかと思います。こんな
拙い状態をなぜいま公表するかというと、どうやら友人知人たちは、普段人の制作の過程を覗き見
ることがないので、興味深く思ってくれるようなのです。それで、ちょっと載せてみました。
......おもしろい.....???

屏風のことをよく知るかたなら、「なんだってイーゼル(この三脚のような台=画架)なんかに乗
せて描いてんだ!」と、納得いかない気持ちでいっぱいかもしれません。....ええと...どうか見逃し
てください。
完成したものは、個展終了後にブログに載せますね。

※先にご紹介した大きい方の藍色のイラスト屏風は、夢空間(サロン)はしまやギャラリーに展示
予定です♪


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-09-19 23:15 | イラストの仕事 | Comments(0)
<< 『炒鱔魚』...のような穴子の炒め物 倉敷<倉敷Tシャツのプリントが... >>