初・九州<筑豊への旅—特製かき氷>

あっという間に涼しくなってしまいましたね。暑さはこれで終わりでしょうか。それならば、この
話題も早く載せないといけないといけません。ご覧になった方々が凍えないように。メールでごく
わずかなかたにはご紹介したのですが、いえいえ、これはたくさんのかたにご紹介したい。

それで、ちょっと焦って載せました。


f0063645_21261113.jpg取材の日はジリジリ蒸し暑
〜い一日でした。

ああ、茹だってしまっても
うダメ...と、フラフラ飛び
込んだ平成筑豊鉄道田川伊
田駅前の喫茶店「ページワ
ン」


小さな店でしたが、メニュ
ーを見ると、かき氷が何種
類かあるようでした。

それも、昔の氷屋さんと同
じタイプの機械を、シャッ
シャッと手で回すのだそう。
「氷がふんわりきめ細かく
ておいしいのよ〜、ほかの
ところのとは全然違う」
とお店の方。

普段なら「宇治金時」を選
ぶところですが...よく見る
と、「抹茶+コーヒー+ミ
ルク
」のかき氷があるので
す。なんなのだそれは?も
のは試しと注文したのが←
この写真のかき氷です。


三色混ざって濁ったような枯れたような...お味はいかがなんでしょ?と一口入れたところ....

ありゃりゃ〜〜
し、しあわせ〜〜!

びっくりの美味しさなのです。
あのね、あのね。
抹茶がほどよい渋さを。
コーヒーが大人の香りを。
そして、ミルクは「ミルキーはママの味〜♪」みたいな、ほっとする甘さを
感じさせてくれるんで
す。三つが絶妙のバランスです!

全部が素直に一体化していて抗わないのが不思議なかんじ。ゴテゴテした味になっていないのです。
(説明がくどい?)確か、コーヒーもきちんと淹れたものだと伺いました。

疲れも暑さもすっかり吹き飛んでしまいました。たった今も...あのかき氷、も一度食べたいなあと
遙か筑豊に想いを馳せていたのでした。


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-09-02 21:27 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by ayam7281 at 2009-09-03 08:31
男はつらいよに出てくるかき氷の機械ですね
お味も美味しそう!今年はかき氷は食べなかったなぁ(o^-^o)夏は終わりそうですよねもう
Commented by kadoorie-ave at 2009-09-03 20:30
>ayam7281さま
そうですそうです。なつかしいタイプのかき氷機です。
今年の夏はあっという間だったので、私もかき氷を食べていませんでした。
この夏最初で、多分最後のかき氷がこんなにおいしいとは...あれなら秋でも冬でも食べたいです。

でもね、この間長崎出身のかたに長崎名物「ミルクセーキ」っていうのを教わりました。
これですけど、ご存じでした?→http://portal.nifty.com/koneta05/06/18/01/
作り方も教わったので、時間があったら家でやってみようかな、と。
Commented by mieru1 at 2009-09-03 20:55
抹茶とコーヒーをアイスにして練乳仕立てにしたって訳ですね。
普通にアイスとして売り出されても良さそう♡ていうか、スタバで商品化されたりして。(笑)

よくある飲み物なのに日本茶とコーヒーという組み合わせが意外で驚きます。なかなか思いつかないですよね、身近すぎて。
意外なのに光子さんの報告で味を想像すると美味しそうです。
うう、自分の頭の硬さを感じさせる組み合わせだわ。
Commented by kadoorie-ave at 2009-09-05 21:56
>mieru1さま
味の組み合わせも、へえ、こういうのアリなんだ〜おいしい♪と感激でしたが
なんといってもショリショリでふわふわの氷がたまりません。
この喫茶店の方はなにかと本格志向の「こだわり派」のようです。このかき氷も、こちらの完全オリジナルだそうです。
...さらにはメニューだけじゃなくて、郷土の歴史にも非常〜〜に詳しく、ひとしきり講義を拝聴することができます。
...えと、必ず付いてくるかも、です。その講義。
<< <どつぼ列車 リバイバル南風1... これでちょっと遊んでみる?「T... >>