倉敷<本町通りを通り抜けるとき>

九州への出張の帰りに、個展の打ち合わせのために再び倉敷に寄った私です...。

倉敷の観光名所といえば、第一に揚げられるのが「美観地区」(↓地図の中の黄土色の通り)でしょ
う。倉敷川をはさむ通りは、いつ歩いても落ち着いていて美しい。けれど、暮らしの匂い(生活臭
じゃないです)がして、特に好きなのは、本町通り〜東町通り(↓地図の中の茶色の通り)にかけて
の道。大昔、海に囲まれた島だったという鶴形山に沿ってゆったり弧を描く街並みが美しく、散策
にはもってこい。

とはいえ私には、通り沿いの「三宅商店(町家喫茶)」や東町の「夢空間(サロン)はしまや」の
かたにお会いするなどの「用事」があるわけなので、先を急がねば...。先を急が...先を......

     ところが。

街の人々は親切でお話好きの方が多く、私もお喋りときているので...10m進んでは話し込み、店を
ちょっと覗いてはまた語り合い...といった具合でちぃとも前に進めません。愉し
い〜。
古い窓を撮影していたら、家から出てきて周囲の家々の伝統的な窓の形まで説明してくださった
方。古い街並みを維持する個々の家の苦労話も伺いました。(郵便受け一つも、市の許可が要るそ
うな。それで素敵な木の郵便受けが多いのね。)
美人のおばあちゃんからは、本町通り沿いの素敵な住人たちの話を。そうそう、お話ししていると、
すぐまたほかの魅力的な人を紹介してくださる方が多いんです。まるでリレーのようです。途中で
また別の人も話題に加わったりして、輪が広がります。街の情報を、何くれとなく与えてくれる、
でも押しつけがましくない。それが本町通り〜東町通りなのであります。(イラストマップは、ク
リックするともっと大きく表示されます。↓)

f0063645_213813.jpg


f0063645_231473.jpgf0063645_2311622.jpgf0063645_2313295.jpg

↑左から、美観地区にある倉敷考古館。赤い扉が印象的な「珈琲館」(←あのチェーン店にあらず)。
そして観光案内所になっている「倉敷館」。


といういわけで、先を急がなくてはと思いながらも、ああ前に進めない。通り抜けられ
ないのよう〜〜♪



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-08-26 02:40 | 散歩と旅・建物 | Comments(2)
Commented by はな太郎ママ at 2009-08-26 08:27 x
イラスト地図と写真見てたら、倉敷行ってみたくなっちゃった。行っちゃお~かなぁ、個展に合わせて。。。
Commented by kadoorie-ave at 2009-08-26 17:42
>はな太郎ママさま
それはなにより嬉しいお言葉〜♪
いいところなので、是非たくさんの人に訪れてほしいと思っているんだ〜。
<< いくよちゃんに個人的業務連絡です。 美大を卒業して○十年、変わって... >>