大森は楽し。久々、H岡さんちへ

久しぶりに、「時空旅行ガイド 大上海」の著者H岡さんの家に行きました。
H岡さんちは大田区の大森。『これではまるで夕飯目当てのよう〜♪』なんて言いながら夜に到着、ま
たご馳走にあずかりました。だって、フレンチでも中華でも、それはそれは本格的な物を、手際よく
作ってしまう人なんですから...。
今回は上海料理。早く食べたくて、カメラを構えるも、焦ってブレてしまいました。 

鮮明でないため見づらくて恐縮ですが...
●黒酢の酢豚(レンコンもコロコロ入っています)
  ちゃんと全部にタレがからまっているのに、カリッとした香ばしさが保たれているのが感動
  的。
重油四喜烤麩(?)
  お麩を発酵させたものを揚げてピーナッツなどと煮込んでありました。これが、上海の街に漂
  う匂いの元でもあるそうで。下ごしらえに手間がかかるそうです。調理すると、その発酵臭は
  感じられません。弾力があって、地味豊か。コクのある味付け。すごく好き。
●上海風枝豆
  もしかして『糟鹵毛豆』というものかな...違ったらごめん、H岡さん。中華らしい香辛料の香り
  や深い味わいが枝豆によくしみている...。おいし〜い。
●涼伴茄子
  さっぱりしていて、いくらでもいけます。蒸し暑い日にぴったり♪
●酢辣湯(酸味のあるさっぱりした卵スープ)
  一見簡単そうなのですが、H岡さんが作ると、何というか...卵のヒラヒラ具合までが現地っぽい
  のです。あ〜、生き返る♪

f0063645_2332229.jpgf0063645_2334470.jpg

f0063645_2342396.jpg


こんな至福の上海料理をいただいたあと、いっぱいお喋りしたり、「銭ゲバ」のDVDを見たり...居心
地いい〜。いえ、ただ遊びに行ったのではなく、一応用事があって伺ったのですけれどね。

翌日は、南インド料理のランチミール。かねてから行きたいと思っていた「ケララの風」というお店
です。(写真は撮り忘れ。リンク先をご覧ください)
ごはん+元からかかっているカレー(この日はダール)。その上にパリパリ薄いインド版せんべい、
ケララ・パパダムが乗っています。トレーに6種類の料理。小さな器ですが、なんとおかわり自由で
す。もちろんご飯も。食後にはコーヒーまたはチャイ(マサラ・チャヤ)。....それで1000円。
あっさりしているのにコクもあって、いくつもの味をお皿の上で混ぜながらいただくと、さらに美味
しくなる!

お店には、ネイティブ“右手だけで食べる人“(=インド人)のお客さんも。当たり前ですが、上手に
食べている姿がかっこいい。
ああ、またすぐに行きたくなるお店でした。

帰りには、買い物をするH岡さんにくっついて、スーパーマーケットの「カドヤ食品」へ。ここは、
私がKINOKUNIYAよりも、成城石井よりも好きなスーパーなのです。高級食材を扱っている面白さ
もありますが、店の隅々まで「美味しい物を食べてもらいたい!」というに充ち満ちているのです。
食についてよくわかっているスーパーというかんじ。山の手と下町がせめぎ合っている、大森なら
ではの魅力ともいえます。
きちんと、「暮らし」が太い根を張っている街...というところがいいんですよねえ。また遊びに行く
ね、H岡さん♪一宿二飯、私を養ってくれてありがとう。


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-08-11 02:20 | おいしいもの | Comments(4)
Commented by 王華 at 2009-08-13 11:09 x
いやいやいつも遠方よりわざわざおこしいただき恐縮至極であります。
烤麩は、私的には「四喜烤麩」です。烤麩、落花生、キクラゲ、干し椎茸と
4つ材料だからね。枝豆は大正解。糟毛豆です。やっぱ上海のこの季節は糟貨
がないといけません。
スープだけど一応酢辣湯なんだな(汗)。
日本や北京では辣油で辛味つけるけど、上海はコショウが一般的なのです。

今度はでっかいカート持参で、カドヤに行きましょうね〜〜
Commented by kadoorie-ave at 2009-08-13 21:35
>王華さま
大切に養育してくれてありがとうございました。
やー、いつもながら美味しかったので、最近では王華さんの顔を思い浮かべるだけで
お腹が空いてくるようになりました。
スープ、酸辣湯だよなあ...と思ったのですが、勘違いだったらどうしよう
さりとて、調べる気力がもうない....お休みなさい、と相成ったのでございます。失礼いたしました。
カドヤ、ダイシンとあそこはお買い物テーマパーク(あくまでも私にとって)地帯ですねえ。
でっかいカートに見合う中身の入ったお財布も持って行きたいな♪
Commented by tomomi at 2009-08-18 15:32 x
「ケララの風」、私も一度行ったきりですが、美味しいですよね。
感激しました。
全部のカレーをぐっちゃぐちゃにまぜました?
それぞれをご飯と食べるのも「あり」なんですが、ぜーんぶ混ぜると、更に美味しいです。(←お店おススメ)
Commented by kadoorie-ave at 2009-08-19 10:43
>tomomiさま
tomomiさん〜♪こんにちは!
「ケララの風」いいですねえ。さすがに本場の人たちもお客さんとして集まるだけのことはありますね。
私も全部のカレーを混ぜました。渾然一体となって、奥行きが増したかんじの味になるのに、ゴチャゴチャした味にならないのはさすがだと思いました。また行きたいなあ。
<< 油条(油條/油炸鬼)の作り方 ... 同窓会 >>