倉敷<三宅商店ー町家喫茶>

倉敷のガイドブックには大抵載っている、人気の町家喫茶「三宅商店」。もともと、江戸後期に建てられた建物で、
戦前より荒物と日用雑貨の店「三宅商店」が営まれてきました。その屋号を受け継ぎ、壁に貼ってあったポスター等
もそのまま生かしつつ、修繕・手直しをして生まれ変わったのが、この町家喫茶なのだそうです。
 →詳しくはこちら

初めて訪れたのは、一回目の倉敷訪問(高松取材の帰りに寄った二月末)のとき。のんびりした空間でランチをいた
だこうと、入ったのです。

f0063645_22364813.gif
入ってすぐのところは、土間。

ランチのメニューはカレーセッ
トでした。
旬の果物を生かしたデザートも
充実しています。
充実していると感じるのは、種
類の多さよりも、その素材の確
かさからでしょうか。
食べたら、わかる。
なんというのかなぁ。店の造り
といい、食事といい、全てのも
のがとても健康的なのでした。
お店のスタッフの方たちも、自
然でホッとするのです。

f0063645_239111.gif
これは、そのときにいただいたケーキセット。

プレートの上に、デザートが三種。

初めて行った倉敷なのに、不思議なほど居心地
がよく、帰宅するや否や、個展をしようとギャ
ラリー探しをしました。何カ所か当たってみま
したが、ずっと頭から離れなかった一軒が、実
はこの三宅商店の奥にある蔵 ギャラリーなの
でした。
いかにも町家らしく奥行きのある店の、さらに
奥には蔵があるのです。
というわけで私、10月13日(火)
〜18日(日)に、こちらでイラス
ト展を開きます。


もし、遠方からおいでくださる場合、10月17(土)・18日(日)は倉敷屏風祭りで町が大変にぎわうそうです。宿
泊先はお早めにご予約いただいたほうがよいかもしれません。

さて、この三宅商店。すっかりお気に入りの場所なのですが、それは居心地がよくて美味しいからというだけではあ
りません。...その理由は、次回に。
(このイラストも、個展にて原画を展示いたします。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-07-14 23:58 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by syo-kunin at 2009-07-15 21:21
mitsukoさん、こんばんわ。。。

最初のイラストの右側の女性、mitsukoさんに似てますね~(笑)

個展、開催おめでとうございます~!!!
行きたいんですが・・・チト遠い(笑)

東京近辺で開催したら間違い無く行きます~!!∩`・◇・)ハイッ!!
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2009-07-16 13:03
やっほー!個展、決まったのですね^^!!
「食べたら、わかる!」そりゃ食べにいかなきゃ!!ぜひ遊びに伺おうと思ってます。
倉敷、楽しみだー!!「
これまでの倉敷ログ、しっかり読んで復習しとかなきゃ!!
Commented by 讃岐おばさん at 2009-07-16 17:07 x
個展、楽しみにしていました。
瀬戸大橋を渡ってまいります~
Commented by kadoorie-ave at 2009-07-17 00:15
>syo-kuninさま
syo-kuninさん、こんばんは〜。

そうですか、イラストってどうしても自分に似てしまうんですよね...。
そういえばスリムで面長、大人の女...みたいな人は、イラストで描くのがちょっと苦手かも。残念なことです。
個展、いつかは関西でやりたいと思っていました。
なのに、それをさらに通り過ぎ、倉敷@岡山県まで行ってしまうとは...自分でもびっくりです。

新作に関しては、東京方面に持ってきて改めて展示する予定です。
横浜っていうのも考えているんですけれどねえ...何をするにも先立つものが必要で...しくしく。
Commented by kadoorie-ave at 2009-07-17 00:19
> pyontaro-piyopiyoさま
やっほ〜河童のpyontaroさん♪
倉敷ではこの三宅商店と、もう一軒、これからご紹介する予定のギャラリーの二軒で開催予定です。
来てくださったかたに喜んでいただける内容になるといいなあ。(不安でいっぱい)
お待ちしています。是非是非倉敷を楽しんでいってくださいまし。
Commented by kadoorie-ave at 2009-07-17 00:21
>讃岐おばさんさま
ありがとうございます。
讃岐おばさんとお会いできるのがとっても楽しみです。
新作と、東京方面で展示した作品も引き連れて参ります〜。
<< 倉敷<三宅商店ー『暮らしき』> 新タマネギと暮らす日々 >>