なつかしい取材同行<築地>

ついこの間の仕事、なんて思っているともう3〜4年前の仕事だったりします。
楽しかったものは特に。

そんなお仕事の一つがこちら。
マガジンハウス「クロワッサン」特別編集「大人の東京案内」
2002年冬〜2003年夏まで季節ごとに一冊ずつ出たムックです。
そのうち冬号と夏号、秋号で取材に同行させていただきました。

普段、資料をいただいて部屋に籠ってひとり寂しく仕事する...というのが基本なので
取材に同行したことなどなく、
「築地、アメ横、キムチ横町のイラストマップ。取材に同行したほうが描きやすいでしょう」と
お声掛けいただいたときは、ワクワクして眠れませんでした。


f0063645_343483.jpg
ライターは築地取材ならこの人!と言われる福地享子さん。
なんてったって、取材で魚河岸の魅力にはまって
今は編集ライターをしながら場内でも働くすごい人です。

右は、福地さんの著書「築地魚河岸猫の手修行」
  単行本: 252 p ; サイズ(cm): 19 x 13
  出版社: 講談社 ; ISBN: 4062112019 ; (2002/03)





朝イチで波除神社に、福地さん、カメラマンさんと集合ということだったのですが
集合場所まで行くのに、すごい勢いで行き交うターレットに轢かれそうになりながら
(とはいえ、実に上手にシロウトさんをよけてくださるのですが)
気持ちのよい興奮で目を回しそうでした。

これは、「大人の東京案内 冬」の綴じ込み付録として付けられた
「クロワッサン市場新聞」の築地イラストマップ。
f0063645_4958.jpg

↑場外市場の晴海通りに面したところにヨネモトというカフェがあるのですが
朝の市場仕事が一息ついた頃のこの店はいいです〜。
長靴はいたおじさんたちが一息ついているのですが、パリの下町のカフェ...の趣きですよっ。
(嘘っぽくないというか、薄っぺらではない雰囲気)
ジャン・ギャバンも似合うかも、です。午後はこじんまりと落ち着いたカフェです。
確か床がコンクリートのままなのは、河岸の「長靴仕様」のためだったはず。

f0063645_492249.jpg

























↑「クロワッサン特別編集「大人の東京案内ー冬」
     大型本: 97 p ; サイズ(cm): 30
     出版社: マガジンハウス ; ISBN: 4838783825 ; 〔2002〕冬 巻 (2002/11)

それにしても、河岸が豊洲に移転したら、ほんとにこの辺はどうなっちゃうのでしょう。
昭和8年から蓄積してきたこの風景は......。
[PR]
by kadoorie-ave | 2006-03-08 04:34 | イラストの仕事 | Comments(4)
Commented by shimotaka1971 at 2006-03-08 12:30

こんにちはーサマンサです。
ヨネモト行ったことあります~(仕事ですけど……)!
まだ20代の頃、同じく20代の美人編集嬢と行ったので、
「なんだーおねえちゃんたちどっから来たの?」と店内のおじさまたちからちやほやされました。
「ちゃんと魚食べてる?」って聞かれたのがおかしかったなー。
しかしその後、場内で資料写真撮ってたら怒鳴られました……。

知人がワリと近くに住んでるんですけど、
最近は場外の人気が高く、いつも人でいっぱいだそうです。
あの辺は最近、高層マンションがばんばん建っているので、
移転しちゃったら跡地にはマンションを建てるんでしょうかねぇ……寂しいなー。
Commented by noon-cloud at 2006-03-08 23:08
魚好きには築地は憧れの場所。
私には敷居が高くてなかなか踏み込めないんですよ…
端から見るとクールに見えるのでしょうが、案外引っ込み思案なんです。(情けない)
案内役、お願いして築地を悠々と泳いでみたいです。

そうそう、喫茶店アキモトって行った事ありますか?
知り合いに連れていってもらったんですが、懐かしさを感じさせるいい店でした。
築地って、味わい深いところですよね。
Commented by kadoorie-ave at 2006-03-09 01:14
>shimotaka1971さま
こんにちはー。そうですか、やはりお仕事で。
築地って、福地さんも言ってらっしゃいましたけど、
一見ぶっきらぼうなんですが男の人たちがみんな優しいんですよね。
あれはなんなのでしょうねえ、いーなー。(はるかな目...)
場内となると....キビシいものがありますけれど。
跡地、なんて考えたくないのですが高層マンションだけは許せーーん!
Commented by kadoorie-ave at 2006-03-09 01:19
>noon-cloudさま
あ、noon-cloudさんならいかにも「姐さん」ってかんじでいいではないですか!
引っ込み思案...仕方がない。頼りなく見えるオネエサンが連れて行ってあげますよん!
外見通り頼りないですけど。アキモト、まだ行ってません。連れてって。
私はもう一度、銀鱗会の図書室をチェックしに行きたいです。
<< 「日本橋魚河岸  森火山画集」 自分のメンテナンス! >>