JCB「J-B Style」小さな鉄道旅日和ー高松琴平電気鉄道志度線

そういえば、隔月刊のJCB「J-B Style」小さな鉄道旅日和のページのご紹介もしなくては。2月下旬
からブログでも書いていた高松関連の記事は、6-7月号の「琴平電気鉄道志度線」沿線取材の際のも
のでした。

今回のタイトルは「町から海辺へ 讃岐みちくさ電車の一日」
文章と写真は乗り物フォトライターの杉崎行恭氏。こちらでは私が描いたイラスト部分だけご紹介い
たします。「J-B Style」がお手元のある方は、是非そちらもご覧ください。
(クリックすると少し鮮明な画像でご覧になれます。)

f0063645_10555112.jpg

f0063645_10571720.jpg

←参照 :
ONE DAY
高松〜倉敷〜岡山の旅
『八栗ケーブル♪』


f0063645_10573119.jpg
こちらは松島二丁目駅から徒歩約3分のところにある
書籍全般 讃州堂書店
の店主。
郷土書、文学系、歴史書など、充実した品揃えの本格
派。コミック系はないようです。(古い雑誌はある。)
静かで良い古本屋さん♪....なんですが、出入り口付近
に一箇所、妙な空気を漂わせているコーナーが。
UFOコーナー。「皆様の体験談をお寄せくださ
い」と書かれた貼り紙もあります。その理由は...。
お近くの方は是非ご自身でこのご主人に聞いてみてくだ
さい.....(フッ...)。

f0063645_1057498.jpg

↑参照 :ONE DAY 高松〜倉敷〜岡山の旅『矢を射るって?』


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-05-30 11:32 | 散歩と旅・建物 | Comments(8)
Commented at 2009-05-31 09:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ayam7281 at 2009-05-31 10:05
いいですねぇ。
琴平電鉄一度のってみたいのです。
のんびりした日本の旅もみりょくです。
四国一周、九州一週、東北人な私には魅力な地です。
Commented by kadoorie-ave at 2009-06-01 23:38
>鍵コメさま
ああ、この雑誌、残念なことに書店に出ないのです...JCBの顧客向け機関誌なんです〜〜。
内容が旅に特化されていて、結構読み応えのある雑誌なので、皆さんに見ていただきたいのですが。

それから、イラストのその部分について...ありがとうございます!
そうなんです。色合いがこちらのほうがはっきりしていたので
その建物を描いてしまいました。混乱を呼ぶでしょうか....???今になってちょっと心配。
Commented by kadoorie-ave at 2009-06-01 23:42
>ayam7281さま
楽しかったので、他の雑誌の編集の方にもつい熱心に報告してしまいました。
そうしたら、その雑誌でも琴電や高松の取材をすることになったそうです。(倉敷も!)
今出ている『天然生活』が、そうです。私はイラスト描いていませんけど...。
私も四国と九州は未踏の地でした。瀬戸内の海って、いいですよ〜。一目惚れ♪
Commented by shinmemo0417 at 2009-06-04 16:35
懐かしく拝見、琴電は瓦町から乗りましたよ
現場が11号のバイパス上に、あって度々行ってたのは2001-2002年、琴電そごうがつぶれたり散々なときでした
高松元気でてきたのかな....
Commented by kadoorie-ave at 2009-06-05 03:23
>shinmemo0417さま
ちょっと行ったくらいの私には、よくわかりませんが...
たとえば屋島のほうのケーブルは廃線になっているし、周囲の観光名所(だった)ところは
閑散として寂れていましたっけ。けれど、個人の店やクリエーターには
無理なく高松ならではの活動をしているところが色々と見受けられました。
大きな経済に関しては先行き明るくないような気がしますが、
高松ならではのもともとの個性を生かした、小さくて地道で愉しい発展の仕方があるらしいと感じました。
Commented by arak_okano at 2009-06-07 20:39
ご無沙汰しております、アラックです。
いつもお見事なイラストです、こういう素晴らしい物を
見させて頂くと、本当に行ってみたくなってしまいますね。
でも、うどんの有名店は電車と徒歩ではダメなんでしょうね?
Commented by kadoorie-ave at 2009-06-09 01:20
>arak_okanoさま
ありがとうございます。そう言っていただけると描いた甲斐があります。
限られたスペースではありますが、少しでも旅の楽しさが伝わればいいなあと思っています。
(先程、次の原稿のための取材旅行から戻ったところです。)
うどんの有名店、たしかに不便な場所にある店が多いのですが
ガイドブックなどで『駅から徒歩○分』というのだけチェックしても
それなりの軒数があります。遠いけれどどうしてもはずしたくない店だけ
タクシーでまわれば、充分満足いただけるはず♪
<< ニュース♪<森 珪さんのシノワ... 倉敷<これまでの私とはちがう> >>