「国宝 修羅展」を観に行った

どこかへ旅行に入っていたわけでもなく、仕事が山積...というわけでもないのに、なんとなく(心
が)せわしなくてブログを書けませんでした。コメントをくださった方、毎日のように訪れてくだ
さったかた、ごめんなさい、失礼致しました。

昨日は東京国立博物館・平成館で開催中の「国宝 阿修羅展」を観に行きました。え?月
曜日って博物館や美術館の類いは閉館日なんじゃあ...と思われるかもしれません。そうなんです。
そうなんですが、お世話になった仕事先からありがた〜い「休館日の特別内覧会」のご招待を受け
たのでありました。ヨカッタ、人混み恐怖症の私も、これで見てみたかった「阿修羅展」に行かれ
るゾ♪というわけです。

夕方5時から。上野公園をぷらりぷらり。

国立博物館の前の通りまで来たとき、あ...そうか、と悟りました。ヘラヘラしながらここまで来て
みれば、通りにはズラーーーッと黒塗りの車が並んでいます。あ、しまった、今日は立派な大
人(社会人)のお集り
であったのだ。阿修羅は見たいのだけれども、オソマツな社会人
としては、微妙に緊張してきました。だってみんなダークスーツの人ばかり...。案内に「日頃、お
世話になっております皆様をお招きして」と書いてあったのだからみんなこちらのカイシャをお世
話しているひとばかりだったのだ。(私はお世話していないんだが。)
思えば、私は日本の経済の仕組みとあまり連動していない「霞を食べて生きている」家で育ったう
えに、就職したのも母校の中・高であったので、大量のスーツ姿の人々というのを見慣
れていなかったんでした。それも隆とした着こなしの。(女の人たちも、エレガントでお仕事デキ
そう...という印象。)

f0063645_11155760.jpg
あ〜、普段より
ネックレス一つ
多く、指輪もプ
ラスしてきてよ
かったよ...。

(そういう問題じ
ゃない?)

イラストレータ—な
んだから超ビンボー
なかんじさえ漂わな
ければ、リラックス
した格好でいいよ
ね、多分。

緊張したのは入り口付近だけで、会場はリラックスして観られる、美しい展示の仕方だったので、
じっくり拝見いたしました。(ついでに折角ですから、立派な社会人の方タチがどんな感想を漏ら
し、どういうところに着目して鑑賞なさっているか、というのを観察することにいたしました。)

さすがはメジャーデビューして約1300年の仏像界のスーパースター
(で、アイドル)・阿修羅さんたちの全国ツアー
。阿修羅像の他も、血の
通ったようなあたたかみを感じ、静かな立ちポーズにも生き生きとした躍動感すら感じるのでし
た。仏像の展示はほとんどケースがなく、特に阿修羅像は360度周囲をまわって観ることができま
す。阿修羅像以外も、ぐるっと回って背後まで観察することができるのです。背中側は、なんとな
く無防備な感じなのが可愛らしかったりします。
消えかかった色や文様を子細に観察するのもおもしろかった。みんな、なかなかのお洒落さん揃い
です。以前「源氏物語」の仕事のときに、有職文様やら寺院の細部の造りなどを描かねばならず苦
労したので、なんとなく頭の片隅にイメージだけでも焼き付けておきたく思いました。で、一所懸
命に観た。作られてすぐには、どれほど鮮やかな色だったのだろうとか、経年により出た美しさと
いうのはこれまたすごいものだなあとか。どの仏像も、当然とはいえその表情に俗っぽさが微塵も
なく、生まれたての赤ん坊のような無垢な上品さがあるので、眺めていてホッとするのでした。
一体、私には顔が朝青龍に似て思えるのがあって、にやにやしました。相撲をやっていなくて、ス
リムな体つきの12〜3歳の少年だったら、こんなかもね...などと。

会場をまわっている時、たまたま林真○子さんがそばにいらして、何故か歩くペースがずっと一緒
だったのも密かにおもしろかったことでした。トイレ(誰もいなかった)も一緒でありました。並
んで手を洗いました。だからなんだと言われれば、なんでもありませんが。

さまよえる子羊のようなよるべない私に、すかさず手を差し延べて構ってくださった大好きなみな
さん
ありがとうございました。あの時私は一階のロビーにおりたらまた緊張してしまい、以前話し
た話題をまた繰り返し話していた...ような気がします。TさんとTさん、そしてFさん。当方立派な
社会人にならないまま、お年寄りの実力をつけつつあるものですから、ユルシテ。


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-05-12 13:40 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(10)
Commented by tom-sou-ya at 2009-05-12 15:33
お気持ち分かりますよ。
僕もスーツやスーツ族の群れはあんまり好きじゃないですから。
相手や自分の近くにいる人がピシッ!とスーツでかためて、礼儀作法とか話し方とか全てマニュアル(標準)どおりにピシーッ!としてたら、なおさらキンチョーしますよね。(笑)
だから、ちょっとぐらいアラいとこ(人間味)見せてくれって思うんですけど。^^;
僕は、こういう席で、名刺渡されて「営業」って文字があったら、何か買わされるんじゃないか?おエライさんだったら、話しても相手してもらえないんじゃないかって、なんて未だに思ってしまいます。^^;
Commented by shinmemo0417 at 2009-05-12 16:15
何か場違いなところへ行ったときの感じ、良く伝わってきます
それにしても混んでるのでしょう....スーパースターちょっと見たいですね
最近になり左右のお顔が違うことを知った....わたし大馬鹿ものです
Commented by nimunimu at 2009-05-12 19:15 x
今回春に帰省していたときには阿修羅は東京へ巡業中でした。。。
奈良では後ろ姿を拝むことができないので、かなり羨ましい!
しかも休館日とは!いいな・いいな・いいな・いいなぁぁぁ~。

京都にもたくさんの仏像がありますが、奈良・飛鳥時代の仏像のほうが
優しいお顔をされているような気がして、好きデス。
あぁ~、奈良でぼぉ~としたくなってきた。。。。
(最近、現実逃避クセがついてきて・・・困ったもんです)
Commented by up-jp at 2009-05-13 00:31
国営放送のプロフェッショナルで当の阿修羅像を傷つけずに運搬するために○通の超ベテラン運び屋さんが取り上げられていました。
阿修羅像の構造が華奢で運搬中の振動に耐えられない可能性があるということで、特別に作られた振動吸収ボックスに大事に大事に納められて長旅をして、東京にたどり着いたらしいですよ。

阿修羅の神秘的な表情、存在感をたくさんの人に伝えるために裏方で働く職人たちがいることを初めて知った次第でした。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-13 00:41
>tom-sou-yaさま
はぁ、私の場合、スーツの方たちは特別苦手というわけではないのですが、安っぽく群れをなすような集団の人たちなら苦手です。こちらにはそういう雰囲気はないのですが、やっぱり立派な大人たくさん、というのを目の前にするとおっちょこちょいの大人としては焦ってしまうのでした。もうちょっと「この場の雰囲気にぴったりの自分なりの格好」もあったのに、しまったなあなんて考えたり。いつまでたっても貫禄がでないのはどうしたことでしょう。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-13 07:53
>shinmemo0417さま
こういうところ(特別内覧会)に伺ったのは初めてだったので、ヘナヘナな大人である自分が情けなかったですが、とーっても興味深かったです。仏像もじっくり観ましたが、人を観察するのもかなりおもしろい。
いつもと違うのは、見ている人の前を横切るような輩などいないことや、知ったかぶりの知識を自慢げに披露するような人もいないので心穏やかに観られたことです。サスガ、スバラシイ!
「スーパースターご一行様の皮切り公演@上野」、人混みかきわけて行く価値アリです。(と、空いている状況で観ておいていうのもなんですケド。)
Commented by ayam7281 at 2009-05-13 21:31
私もスーツで会社はいかないですねぇ何か無い限り。
はじめの8年くらいは制服だったしなぁ。

阿修羅像は好きな仏像のひとつでございます。
興福寺っていいお寺です。
学生のころ研究室の旅行で、私のテーマは願興寺でしたが、友達は阿修羅像についてで、ものすごく調べていて感心しました。
それで印象があるのかも阿修羅像。
阿修羅像はとても味わい深くて、なんともいえない安寧を願うというか、怖くも悲しくもみえるお顔をしているように思えます。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-14 13:01
>nimunimuさま
そうですよね、無防備な背中側を見られるのって
今回のツアー中くらいしかチャンスがないんですよね。
照明の当て方や、背景・空間の色にも工夫があって
仏像の色彩がさりげなく引き立ち、しかも変な威圧感もない展示の仕方で
うまいなあ...と感心しました。

ああ、いわれてみれば、私が好きなお顔の仏像も奈良・飛鳥時代のものですねえ。
なるほど。nimunimuさんにくっついていく「仏像ツアー」も楽しそうだな...。
Commented by kadoorie‐ave at 2009-05-15 16:46 x
>up‐jpさま
(只今新幹線♪携帯から失礼しまぁす)
その番組見たかったです。展覧会などの会場でも、舞台や映画、そして食べ物・料理でも、人に出すまでの過程というか裏でどんな人たちがどんな工夫や努力をしているか…に興味があります。そういうのを想像するのって楽しい。そして頭が下がります~。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 11:36
>ayam7281さま
結局、旅先で携帯からはその後あまりうまくコメントが書きこめなくて今頃になってのお返事すみません。

ayamさん♪そういえば、大人になってからの制服も経験したことがないので、それもちょっと試してみたかったことの一つです。(いかにも社会人らしいではありませんか...。)
阿修羅像、ちょっとした角度や、自分の気持ちのあり方で、見るたび微妙に表情が違って見えるのが魅力だと思いました。
<< 大谷芍薬園の芍薬 高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷民藝... >>