高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷民藝館(2)』

では、倉敷民藝館の中に入ってみましょう。(係の方に確認したところ、館内はフラッシュを焚か
なければ撮影可だそうです。もちろん他の方の迷惑にならないように、ですが。)

f0063645_23273134.jpg
倉敷民藝館はもと米倉だった
建物三棟から成っているので
すが、結構な広さがありま
す。人も少なく、のんびりと
観ることができました。

この時期は暖かくなってきた
とはいえ、2月末でしたから
まだひんやりしていました
(窓、開いています〜〜)。


一部ですが、展示してあるものをご紹介します。

f0063645_23395461.jpg

(↑こちらの画像はクリックすると多少大きく表示されます。)


f0063645_23402086.jpg
この縞しまの
箱形の蓋物、
なんだか
とっても気
に入りまし
た。


展示されたものを見ながら、ふと窓から外を見るとこの景色。民藝館のところどころにある「蔵」
ならではの窓がなんともいえずいいのです。切り取られた風景に静かな味わいがあって。

f0063645_23475554.jpg

f0063645_23481660.jpg
なんてったって目の前が倉敷
ですもん。そして、ほら。
雨が似合うでしょう?
(ちょっと冷えますけどね。)

...そしてまだ「倉敷民藝館」は続きます。




[PR]
by kadoorie-ave | 2009-05-04 23:59 | 散歩と旅・建物 | Comments(6)
Commented by tom-sou-ya at 2009-05-05 01:11
窓がなんともいえずいい・・ってのすごく分かります。^^
共感します。

従兄が住むマンションに遊びに行ったんですが、そこの廊下のちょっと(悪く言えば)小汚い小窓から見える河川敷の景色を見て、「この景色いいなぁ・・」ってぼやいたら、従兄の嫁さんに「こっちのほうが見晴らしがいいよ」ってつっこまれました。(笑)
でも、僕的には窓があって、そこから見える景色に魅力を感じてたのは事実なんです。^^
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-06 10:45
>tom-sou-yaさま
見晴らしがいいのも、晴れ晴れとしていいものですけど
窓は額縁ですから、そこにどんな景色が切り取られているのか、
それがなんとも味わい深い絵になっていれば
小さな画でも心ときめくものですよね〜ほんとに。
Commented by えみりん at 2009-05-08 21:56 x
雨の倉敷、とっても素敵ですね。古い建物、窓枠、なんともいえずいいの、わかります。
蔵の入り口の写真といい、窓枠といい、上海郊外の烏鎮という街を思い出しました。雨が降って、寒かったのもおんなじだからかな・・・。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-12 23:29
>えみりんさま
ねえ、そうでしょう?倉敷がとても好きだと思った理由の一つは
ここがどことなく中国の古い町の面影があると感じるところなんです。
えみりんさんのコメントに、なんだかテンションがあがってしまいました。うれしくて。
Commented by えみりん at 2009-05-13 20:37 x
やっぱり!中国の古い町に似ているんですね。烏鎮はとっても古くて、とっても素敵な街でした。何があったわけではありませんが・・・。
雨の倉敷の写真を見て、倉敷も行ってみたい街の一つになりました。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-19 12:07
>えみりんさま
昨晩遅く、二度目の倉敷訪問から帰って参りました。
倉敷の美観地区は、小ぢんまりしていますし、とてもこぎれいになってしまっているのですが
やっぱり水辺はいい...♪烏鎮をネットで画像検索しましたが、今すぐに飛んで行きたいと思いました。
倉敷は国内ですし、民芸やクラフトが根付いていますから,是非行ってみてください。
<< 高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷民藝... 高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷民藝... >>