高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷 美観地区/北田証券』

翌朝。倉敷国際ホテルの1階レストランで気持ちよく朝食。ホテル内の空間はどこもゆったりして
いて、昔から知っている場所のような雰囲気。落ち着きます。スタッフの方たちも丁寧な応対なの
はもちろん、眼差しが温かく「営業なんです」というせかせかした感じがないので話しかけやすい
のです。(助かります〜、緊張しやすいんですワタシ。)
なにもかもが、素っ気ないほどシンプル(お節介なところがない)、でも満ち足りていて温かい....
これって私の理想〜♪
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

意気揚々と朝の散歩に出かけます。
倉敷国際ホテルは、観光の中心地「美観地区」にあって、すぐそばにあの「大原美術館」がありま
す。便利です。(でも今回は大原美術館はあえて観ません。時間がかかりそうだし...東洋館と工芸
館、そして建物としてはそ芹沢銈介館にはかなり後ろ髪を引かれるものの、今回は端折ります。)

で、名所を素通りして歩いていました。ふと振り返って観たときの風景がこちら↓。

f0063645_125684.jpg好きだなー。

なんだか好きだなこの風景。

けれど,なんで好きなのだろ
う?色々頭の中を探ってみた
のですが、どうやら私、
 「石が好き」
らしいです。それと、このく
らいの高さが、威圧感がなく
てよい...と感じたみたいで
す。
そうだったのかー、自分。

さらに行くと...

f0063645_13171610.jpg
塀に小さな看板が。

「北田証券」....?




ずんずん進みます。と...

f0063645_13213256.jpg
「北田証券」はこのような建物です。
「北田証券発祥の地」とか「記念館」と
かいうのでしょうか。

←何か書いてありますね、手書きで。

拙者が近付いて確認いたそう!
(OH〜!思わず言葉遣いまで変わって
しまうわ♪)

f0063645_13274212.jpg
  
 ┃
 ┃
 ん
!!!


ここ、現役の「証券
会社」です。


先程調べましたが、北田証券株式会社の本社として、普通に営業しているのでした。『昭和23年に
白壁の街倉敷に会社を設立』っていうじゃありませんか、あたしゃ、吃驚しちまいましたよ。

...するってぇと何かい!?ここにゃあ、チョンマゲ姿の証券マンが働いているってえわけかい?.....
な、わけはなく、普通のスーツ姿のかたたちがお仕事しているようですね。ふ〜む。いいですね
え。(そもそも、昭和23年じゃチョンマゲのはずありませんでした。)

んなわけで、私もクラシカルな姿で北田証券の入り口に佇んでみることにいたしましたよ。

こんなふうに...。↓↓

f0063645_13415957.jpg
なんか...





すぐにお縄
なってしまいそ
うだけど。



[PR]
by kadoorie-ave | 2009-04-28 13:54 | 散歩と旅・建物 | Comments(10)
Commented by 讃岐おばさん at 2009-04-29 07:22 x
よくこんな会社を見つけましたね、さすが光子さんです!
おまけに私の生まれ年の創業、嬉しくなりました♪
Commented by kadoorie-ave at 2009-04-30 02:33
>讃岐おばさんさま
この手書きの黒板にはびっくりしました。「お触れ」かと思いました。
丁寧に書かれていて、私のような門外漢でも読む気の起こる「相場見通し」でした。
昭和23年に、この建物で創業しようと思ったというところが既にユニークですねえ。
Commented by nimun imu at 2009-04-30 15:02 x
大原美術館・工芸館の棟方志功の作品の前のベンチに座り、壁一面の作品を観ながらぼぉ~と呆ける。
学生時代、学校の帰りの寄り道コースのひとつでした。
いやぁ~、今考えると贅沢ですね。。。

次回はぜひ大原美術館で呆けてみてください!?

Commented by ayam7281 at 2009-04-30 22:12
なんか趣があって、今現在動いている会社とは思えないですね。
でもこういう会社で働いてみたいなぁ。
近代的なビルに居ると人間味が日々薄れていく気がして・・・
昔、月曜日のロボットっていうYUMINGの曲があったんですけど、そんな感じに自分が思えてきます・・・こういうところで働いているときっと少し余裕ができそうでいいなぁ
Commented by syo-kunin at 2009-05-01 21:39
mitsukoさん、こんばんわ。。。

レトロな会社ですね~!!
最後の写真のイラスト、何で泥棒って鼻の所で結ぶんですかね~?(笑)

番長も、今住んでいるマンションの契約した時に、
夫婦で写っている写真を提示してくれと言われ・・・
多分、大家さんがどんな人か見たいだけだと(笑)

それを、ムスメ(妻)に言うと・・・

こんなので良いんじゃ無い?と振り返り、イラストと同じでした(笑)
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-02 00:48
>nimunimuさま
倉敷がnimunimuさんの学生時代の懐かしい町だってことも、なんだかすごーく嬉しいことなんですよねえ。納得してしまうといいますか。大原美術館、5月中旬にまた倉敷に行く予定ですので、そのときは必ず寄ってみます。
そういえば、私の場合、むかしちょっとホケ〜ッとしに行く美術館が鎌倉近代美術館でしたっけ。美術館の静けさと落ち着き、建物の大きさなんかが丁度よくて。小さな小さな喫茶室が意外なほど洒落ていて、落ち着きました。テーブルに飾った花の選び方や、小さな花瓶、コーヒーカップなんかの選び方が素敵だったんです。今はどうなっているのかな〜。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-02 00:54
>ayam7281さま
一体どうやって、この中で証券会社の仕事をしているのだろうと不思議でたまりませんでした。覗いてみたかったけど、入る理由がない...。私もこういう会社なら働くことができるかも!風のざわめきや雨音も聴こえる会社なんですね、きっと。
あんまりクールな建物に入ると、自分が除菌されそうな気がします。緊張してお腹が痛くなっちゃうんですよね、情けないことに。
Commented by kadoorie-ave at 2009-05-02 01:06
>syo-kuninさま
syo-kuninさん、こんばんは...!
レトロを通り過ぎちゃうくらいレトロ(古風)ですよねえ。
手ぬぐいの頬っ被りってそういえば最近見ることも少なくなりましたけど、な〜んだ、sho-kuninさん家に行けば見られるんじゃんby奥様(なんてわけないか。)普通の頬っ被りは顎で結びますが、泥棒さんスタイルで鼻の下で結ぶと、人相がわかりにくくなるから...じゃないのかなあ。「マスクにサングラス」のレトロ版っていうか。
Commented by kurashiki-keiko at 2010-01-03 17:03
お正月、美観地区を歩いて今年の展望とか言うチョークで書かれた文字をたどってきました。北田証券、皆さん意外に思われるはずですよね。
ほんと、倉敷にこんな証券会社があるのって、一種誇りです。
Commented by kadoorie-ave at 2010-01-03 23:04
>kurashiki-keikoさま
北田証券の手書きの文字、普通のものよりも「読んでみよう」という気持ちになります。
手書きの文字が日常からどんどん減っているだけに、ていねいな書き文字は書いた人の体温とか誠意が伝わってきますねえ。すごく素敵だと思います。
<< 高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷館 ... 高松〜倉敷〜岡山の旅『倉敷国際... >>