ファッションとか装いとか・・・(3)

女性ファッション誌に、長く気に入って大切に思えるものが減ったかわりといってはなんですが、
ストリート・ファッションをカメラにおさめたものを、ブログ上で発表しているかの有名ブログ
は、ときたま見ます。愉しいから。

●世界的に有名なファッションブログ。世界各地のコレクション会場周辺での写真も多い。
「THE SARTORIARIST」(by スコット・シューマン)

f0063645_8563059.jpg

↑パリやN.Yなどで、撮影している。老若男女いろいろ。もちろんファッショニスタも多いのだけ
ど、それぞれのスタイルを感じるので、こんなものを食べ、こんなインテリアの家に暮らし...そし
て仲間はきっとこんな風な人たちで、あんなレストランとかいくんだろうな...と想像するのが楽し
い。
着物もそうだけど、力まず、崩れ過ぎない程度にほどよく着崩したり、すっかり自分に馴染んだ感
じになっているとカッコいいなあ...と思う。その人からにじみ出たように感じられれば。エレン・
フライスの言葉ではありませんが「年配の人々の装いがエレガント」でいい。



こちらは、それなら日本(東京)はどうなの?と、たま〜に拝見。
●主に原宿界隈で撮ったファッション・スナップ。海外からの注目度も高いようです。
『STYLE from TOKYO』(byシトウ レイ)

f0063645_8585973.jpg

↑撮影している場所柄、というのと、彼女がそういう人を選んでいるのだと思うけど、若めの人が
多いです。お洒落が大好きで、ガンバッテ工夫している人たち。個人的な好みとしてはその人の背
景が見えて来ないお洒落はそれほど興味がわかなくて...。というか、お洒落が<目的>で<目標>
なのは、「今後も頑張ってくださいね」としか言えない。ギョーカイの人ではないし。でも、それ
なりに面白いからたまに見ます。


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-02-19 09:25 | 映画・音楽・ART・WEB | Comments(2)
Commented by yoko-m at 2009-02-20 18:32 x
小野寺様、ご無沙汰しております。
ブログはしょっちゅう拝見していますので、自分としてはご無沙汰ではないような気分ですが。(笑)

いや~、この2つのブログ、面白いですね。
ワタシはただのミーハーでファッショニスタぢゃーありませんが、すごく楽しめます。
やはり、個人的には海外のに軍配かな~。
ご指摘の通り、ファッションが目的になってるのが東京の特徴のような気がします。(さすがに鋭い。)
な~んか、こなれてないのは、そこでしょうかね?
今後もチェックが楽しみなサイトを教えてもらって有難うございます☆
Commented by kadoorie-ave at 2009-02-21 15:06
>yoko-mさま
こちらこそご無沙汰しております〜。

ちょっと気分転換に、ボンヤリ眺めるのにいいでしょ?
海外のほうは、「あ、こんなひともいるんだ」という発見があるのと
年齢層もいろいろなところが、いいですね。
ファッションへの新しい発見や挑戦があったり、もうやる気も自意識も満々で...という頃は
楽しいのだけれど、それが落ち着いて、力が抜けてからが本格的なんだという気もします。
「ファッション」よりも「装う」っていう言葉が好きなんだけど、いい言葉だなあなんて思いました。
<< 高松〜倉敷〜岡山、大急ぎの旅か... ファッションとか装いとか・・・(2) >>