"GRAND CHINA"@汐留シティセンターでランチ♪

昨日は、ずっとお世話になってきた連載ページの、営業部長・編集長・歴代担当者の方々とのランチ
にお招きいただきました。場所は「D4TOKYO汐留 広東料理【GRAND CHINA】広東名菜」
思えば、このお仕事が始まる少し前、一人部屋に籠ってイラストを描いているのもいいのだけれど、
たまには外に出たいなあ、取材に行ったり、人と会ったりしたいなあ...と願っていたのでした。
そこへこの仕事のお話。イラストだけでなくテキスト(文章)もあると伺い、私にでき
るかどうか、文章を書くのは大の苦手なんだけどなあ...と不安でした。が、とにかく願ってもないお
話。担当の方と一緒に取材先に赴く、もうそれだけで浮かれてしまいました。

しかも、担当のかたが個性はそれぞれですが、どのかたもだ〜〜い好きな雰囲気の方ばっかり...って
いうのって、すごいことでしょう?(お世辞じゃありません、お世辞は言わないんです。言うとスト
レスたまって胃がドヨ〜ンと重くなるから。でも、本当のことで良いことだったら、声を大にして
言うんだもんね。)

f0063645_18375259.jpg


それにしても、取材で待ち合わせれば指定されたのと違う場所に行ってしまったり、打ち合わせなの
に話が脱線してばかりいたり...と、始終トンチンカンな私に親切にお付き合いいただき有り難いこと
でした。ずーっと、すごく気持ちよくお仕事ができました。皆さんのおかげです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

連載の仕事のいいところは幾つもあります。

●毎回、できる限りよいものにしたいと思うのは当然ですが、それでも必ず「あそこはこういう構図
にすればよかった」「もっと肩の力を抜けばよかった」「もっとわかりやすい表現があったかも...」
と反省するところが出てきます(出て来なくなったら、もうオシマイだとも思うけど)。それを次回
に生かせるというところ♪

●それから、毎回同じ担当者と打ち合わせしていると、求められている微妙なニュアンスもだんだん
つかみやすくなります。コミュニケーションがとりやすい。

●あとは個人的なこと。単発の仕事だと、締め切りの日にイラストの納品をしたら担当のかたとはそ
れっきり。私のことは2分で忘れるんだろうな〜と思いながら帰ります。何十年(ってほどでもない
か...)この仕事をやっても、なかなか口をきく機会もない。
ちなみに、“リサーチ魔”の私は、ことあるごとにフリーランスのライターやイラストレータ—の友人
に、仕事を通じて友達になった人っている?と訊きましたが、「滅多にない〜」「皆無」という人が
多いです。(仕事の内容やスタイルにもよるけど。)連載だと、その辺がちょっとマシで、少しは寂
しくない。

そういえばお陰さまで、最近は私の仕事の形もだんだん変わってきました。単純にイラストを描いて
いるだけではなく、人と繋がる機会が増えました。かなり人見知りするのですが、それでも人と会っ
て話をするのが大好きです。(だって、おもしろいよね、自分と違うから。)


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-02-13 18:38 | イラスト付き | Comments(8)
Commented by tei0930 at 2009-02-14 14:51 x
むにゃむにゃむにゃ・・・
(心の中で色々言ってみる。きっと私の気持ちが通じていると思う)
光子さんにこれからもっとずっといいことがたくさんおこりますように
(祈

でも、光子さんが人見知り。。。だけはとっても大きな「ハテナ」が・・・
誰とでもすぐに仲良くなれてうらやましい方だなあって思っていました。

だからきっと(むにゃむにゃむにゃ)
Commented by GG-1 at 2009-02-14 18:09
ううん
仕事を通じての友達になった人ってのは私も皆無
連続仕事で毎月会ってってのが三年続いた仕事も年賀状のやり取りだけやし

まあ
光子さんなら大丈夫でしょう
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2009-02-14 18:16
私もできるだけ点ではなくて、細くっても線のつながりを大切にしたいなぁ~!
っと最近特に想うのでした。たとえ点線であっても。

う~ん。私も、>かなり人見知りするのですが・・・には????。
たしか初めてお会いした瞬間、愉快奇天烈な光子ワールドに引き込まれた
記憶が今も鮮明に・・・。 
それも天性の(居心地よい!という意味では魔性の)サービス精神の塊りのような
光子さんのなせる業なのでしょうね^^;
Commented by syo-kunin at 2009-02-14 20:18
mitsukoさん、こんばんわ。。。

人が集まって、面白い話に花が咲くのも良いんじゃないですか?(笑)

部屋での作業(番長なんか、天気も解りません(笑)ので、
気晴らし&打ち合わせ&痛飲食って事で・・・∩`・◇・)ハイッ!!
Commented by kadoorie-ave at 2009-02-15 00:09
>tei0930さま
やややや...なにか聞こえてきちゃいました、tei0930さんの心の声が。
ありがとうございます〜〜。

私はこれでも、かなり人見知りするのです。それを気取られないようになったのは
「年の功」!!
ついでに「場所見知り」もしますし。
どちらかというとシーンとするのがこわいほうかもしれません。
Commented by kadoorie-ave at 2009-02-15 00:13
>GG-1さま
GG-1さん、こんばんは〜〜!
でしょう、でしょう?
仕事を通じたお友だちって、ないですよねえ。みんなそう言います。
よく考えたら、フリーランスの人の名刺は、事務所を持っていない限り自宅が連絡先。
出版社のかたや編プロのかたたちは、会社が連絡先なんですよね、当然だけど。
年賀状を出せばいいほうかも。
そのうち何年もすると返事も来なくなるけど。

....え?私のなにが大丈夫なの?わからないけどうれしいような。
Commented by kadoorie-ave at 2009-02-15 00:20
>pyontaro-piyopiyoさま
人を目の前にすると、それだけで嬉しくなってテンションが上がってしまうので
人見知りはしているんだけど、あまり悟られません。
心の底では、ちょっと泣きそうだったりするんですが、
人への興味...どんな人なんだろう、どうやって育ったんだろう、
いつも何をしているんだろう?趣味は?...なんていうのが尽きず
ないおつむをフル稼働させているってところでしょうか。
人見知りしていても、していなくても、「お会いできて嬉しいです」
「一緒にいると楽しいです」っていうのは伝わるといいなあと思います。
だけど、相手の人のことを聞きたいのに、自分がしゃべっちゃうクセ、
どうにかならないんでしょうか。
Commented by kadoorie-ave at 2009-02-15 00:26
>syo-kuninさま
syo-kuninさん、こんばんは〜♪
とにかく、私は人と会っておしゃべりしているのが好きです。
ただ、相手の人が「私のここの部分は嫌いそうだなあ、
イラッとさせそうだなあ』というところは
できるだけ出さないように気をつけるので、そういうときは
かな〜り内心ピリピリ神経を張ってていますよね。
>>部屋での作業(番長なんか、天気も解りません(笑)→→これって、わかります〜。
昔、ファッションビルの地下の店でバイトをしていたとき
閉店時間まで外の天気もわかりませんでした。
毎日続くと、けっこう息が詰まります。

気晴らし&打ち合わせ&痛飲食は、なくてはならないものですねえ。
<< Starferryさんからの贈り物 住まいネット新聞「びお」の編集会議 >>