聘珍楼2009年のグリーティングカードのイラスト

元旦からあっという間に日が過ぎて、ひたすらにイラストの原稿を描き続ける毎日です。頑張って
描くのですが、新しいものがまた加わって、描いても描いても減りません。でも、これはすっごく
ぜいたくで嬉しいこと。
仕事がどうして入って来ないのかな...?と手持ち無沙汰なとき(やりたいことは沢山あるの暇では
ないけれど)の、不安定で心細い感じったらありません。小さな頃から絵を描くくらいしか、やり
たくて頑張り続けられることはないので、自分がどこかに消えてしまいそうな気がするものです。
大体が仕事の少ない月の翌月、翌々月はビンボー確定ですから、予定していたことも資金不足で
何ひとつ進まなくなってしまう...。

それで...年賀状をくださった皆様、本当〜〜にありがとうございます。私、実はまだ...書いていな
いのであります。いえ、返事ではなくて、まだ一枚も書いていないのです。上記のような事情か
ら、一通も出せないでおります。ごめんなさい。
準備と段取りの良い池波正太郎のような人だったら、何ヶ月も前に準備しておいて師走にはすみや
かに発送するのでしょうけれど、そうたやすく真似できません。なんといっても、ここまでいっぱ
いいっぱいの状況になるとは思っていませんでした。
今年は寒中お見舞い、もしくは旧正月(農暦新年)のお祝いというこ
とで、お送りすることになりそうです。
よろしくお願いいたします。

↓こちらは、今年で3回目となる、私がイラストを担当した「聘珍楼」の2009年グリー
ティングカードです♪
原画はF8号くらいある水彩画です。

f0063645_2333019.jpg

今年の絵柄は、「横浜開港150周年」がテーマ。香港でも有名な聘珍楼ですが、本店はもちろん日本
の横浜中華街。聘珍楼も120余年。
イラストにあるのは昔の大桟橋(大正〜昭和初期くらいの風景?)。船は実は曾祖父が船長として
乗っていた客船「鹿島丸」を描いたのです。あまり正確とはいえない絵ですが。曾祖父が日本に
帰ってくると、みんなで車(人力車)に乗ってお迎えにいったのだと祖母の話を聞いたことがある
ので、そんなイメージです。資料の写真では、人力車がもっともっとぎっしり停まっていました。

さて。では、今晩ももうひと働きしましょ~っと!


[PR]
by kadoorie-ave | 2009-01-06 23:42 | イラストの仕事 | Comments(16)
Commented by pyontaro-piyopiyo at 2009-01-08 10:38
新しい年を、誰かに求められて大好きなことに熱中しながら迎えられる喜びですね^^!
今年のカード、すごい好きです!(毎年言ってるかもしれませんが^^)
晴れやかで、しんせんだけどどこか懐かしいムードいっぱい。カモメもすごいいい感じ~!
お姉さんに手をひかれて笑ってるのはもしや当時の光子さん^^?
(って思っちゃうくらい当時の雰囲気が漂ってるっていう意味で、
150才に見えちゃうっていう意味じゃぁありませんからね!)
あ、いい忘れてた!明けましておめでとうございます!
今年も楽しいこといっぱい教えて下さいませ!!
ヨロシクお願い致します^o^
Commented by syo-kunin at 2009-01-08 15:56
mitsukoさん、こんにちわ。。。

横浜開港150周年、聘珍楼久しく行ってませんが、何年か前、
新年会で食事させて頂きました・・・(汗)

番長も、開港祭出店するかも知れません。
オファ-はありましたが、外で日が当たると和菓子、
弱っちゃうんですよ(笑)

大正ロマンの感じが素敵ですっ!!∩`・◇・)ハイッ!!
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-11 21:49
>pyontaro-piyopiyoさま
ひーひー、こんなに自分のブログにもログインできないとは思いませんでした。
熱心に仕事を続けています。
聘珍楼のカードは、オーナーご夫妻はもちろんのこと
聘珍楼で働いている方々、関係者のかたやお客さまなどに
喜んでいただけるかどうか
毎回(といっても3回描いただけですが)心配でたまりません。
今回はオーナーから沢山の貴重な横浜の古い写真絵はがきをお借りして描きました。
おもしろくて、つい写真に見入ってしまう〜♪
このカードをご覧になった方からは、ほぼ必ず「この小さな子は光子さん?」って聞かれます。
そういうつもりではなかったのですが、やはり自分に似てしまうのでしょうか...??

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-11 22:01
>syo-kuninさま
syo-kuninさん、こんにちは。
聘珍楼は、食の安全性の意識が特に高くて、随分早くから対策をたててきたお店なので
口に入れたとき、素材の味を生かした上品な味だなあって感心します。
ちょくちょく行きたいんですけれど、今の住まいからはちと遠いが残念です...。

番長さん、開港祭の出店はどうなりました?
>外で日が当たると和菓子、弱っちゃうんですよ(笑)・・・→なるほど、そうですよね〜!
どんな和菓子なら、弱らないのでしょうか...(真剣に考えてしまう。)
Commented by kawa at 2009-01-13 01:10 x
時々拝見しています。はじめてコメントさせて下さい。
鹿島丸の船長。それは凄い、大変だ。
今はJALの御威光も薄れてしまいましたが、まだまだ皆の憧れだった頃、昔、日本郵船がそれ以上の花形だった事。鹿島丸がその看板だった話を何度も聞かされました。
祖父の仕事で、父は昭和初期の何年かを香港で過ごしました。行き帰りの鹿島丸のベッドメーキングが素晴らしかった事(夜は勿論ですが、朝起きてご飯を食べている間にパリパリのシーツを折ってシェル模様を作ったりしてくれたと言ってました)。ダイニングには正装した大人しか入れなくて、子供は別の部屋に集められた話しなどを聞かされました。
大自慢して良い話しだと思いますが、どれだけの人に通じるか心配です。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-13 16:04
>kawaさま
わあ、kawaさんようこそ。
お祖父さまもお父さまも鹿島丸で香港にいらしたんですねえそれは凄い、大変です。
この船長の娘・祖母は96歳。話が面白いのでできるだけ当時の話を沢山聞きたくて、今年も元旦に横浜の祖母の家に顔を出してきました。なかなか十分な時間はとれないのですが...。曾祖父は北米航路にも行ったけれどやはり欧州航路が多かったこと。テノール歌手の藤原義江を追ってヨーロッパに向かった恋人(後の藤原あきさん、『世紀の恋』と謳われた)を乗せたのも祖父の船だったことなど、聞くことができました。
祖母の父親だけでなく、祖父の父も日本郵船で機関長をしていました。けれども、どちらの記録や写真も、戦争で焼けてしまいなにもありません。
kawaさんのご実家には、その当時の写真などなにか残っていますか?
※以前曾祖父のことを書いたエントリ−です。→( http://oneday55.exblog.jp/3317605 )
Commented by KAWA at 2009-01-13 17:22 x
ご自慢のオーオジイサマ、残った写真が素敵ですね。鹿島丸の写真は覚えがありませんが、香港の家の写真などは残っています。住んでいたのは香港島の丘の上で取り澄ました所ですが、日本人小学校の友達が住んでいた、ワンチャイやクーロンが活気にあふれてどんなに魅力的だったか、祖母がいたら許されない買い食いが如何に美味しかったか、イギリスの軍艦が入港すると式典を見に行った話などを聞かされました。
それから、大自慢して良い話し、の前に船長の話しは、と入れるべきでした。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-14 22:07
>KAWAさま
KAWAさんっ、香港の家の写真ですって?しかも香港島の丘の上!?
なんてすてきなんでしょう。当時のワンチャイやクーロンのお話も
いますぐにでも駆けつけて根掘り葉掘り伺いたいくらいです。
ワープしてその当時の香港を見に行きたいです。私はそのころの写真を集めた本を香港で買って
ぼんやり(実は没頭して)眺めるばかりです。
今度、是非是非詳しくお話を聞かせて下さい。
Commented by kawa at 2009-01-15 03:21 x
香港島の上から海峡を見下ろしたパノラマ写真などもあったと思います。私は写真の内容まで分かる訳ではありません。90になる年寄りの話を聞くのがご迷惑でなければ、父の話を聞いてやって頂けないでしょうか、誰でもお客にその頃の話が出来れば喜ぶと思います。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-16 21:37
>kawaさま
パノラマ写真。それは貴重な写真ですね。お父さまのお話、伺いたいです。香港の詳しい地図とか、古い写真集(古い写真の載った新しい本ですが)とかを持参で参ります!冗談ではなく、本当に伺ってもよいのでしょうか...?(時折、妙に行動力があるものですから♪)
Commented at 2009-01-17 11:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-19 14:01
>鍵コメさま
ありがとうございます。ではその日に。
細かいことはどちらにご連絡差し上げたらよろしいでしょうか?
Commented by ayam7281 at 2009-01-19 16:53
素敵ですねぇこのカード。
なんだろう、文明開化のにほいがします。
Commented at 2009-01-19 19:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-20 11:19
>ayam7281さま
ありがとうございます。
開港150周年にちなんだものを、というオーダーでしたので
海外との交流や輸送の中心が船だったころの、華やかな横浜を想って描きました〜。
...掃除のときにも、いつも「横浜市歌(by 作詞:森鴎外)を口ずさんでいる小野寺より。
Commented by kadoorie-ave at 2009-01-20 11:20
>鍵コメさま
ありがとうございます♪ではそちらにご連絡いたしますね。
<< セブン&アイ出版「ラックラク!... 謹賀新年、2009年! >>